人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.03
  • (166)
  • (181)
  • (131)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1543
レビュー : 161
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 和モダンな表紙が目に留まり、初めて読んだ江戸川乱歩。

    どれもぐいぐいと引き込まれて読んでしまった。
    表題作の『人間椅子』は特に気味の悪さが天下一品で気に入った。

    もっと古くて読みにくい文体を想像していたが、
    ライトかつ趣の楽しめる読み心地。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    貧しい椅子職人は、世にも醜い容貌のせいで、常に孤独だった。惨めな日々の中で思いつめた男は、納品前の大きな肘掛椅子の中に身を潜める。その椅子は、若く美しい夫人の住む立派な屋敷に運び込まれ…。椅子の皮一枚を隔てた、女体の感触に溺れる男の偏執的な愛を描く表題作ほか、乱歩自身が代表作と認める怪奇浪漫文学の作品「押絵と旅する男」など、傑作中の傑作を収録するベストセレクション第1弾。

    【キーワード】
    文庫・ホラー・文豪・名作


    ++++1
    +1

  • なかなか面白かったですねぇ…いや、表題作とか読んだことはあるのですけれども、こうして再読してみてもやはり面白い! ということが判明しましたね…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    解説はなんとあの大槻ケンヂ! 好きそうですものねぇ…自作曲にも作品のタイトルやら何やらを引用しているんだとか。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    表題作の人間椅子を読みたいがために買った短編集ですが、押し絵と旅する男だっけな? あれも面白かったですねぇ…。

    それにしてもこんな奇妙奇天烈なお話ばかりを思いつく乱歩さんとはどんな人だったのか? 僕は意外と…常識人だったんじゃないかと思うのです。

    さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • ある椅子職人が傑作を作った。それは自分自身が椅子の中に入り、椅子そのものになること……

    読み終わったあとに、拭い去れない生理的嫌悪感が残る怪奇小説マニアとしては読んでみてほしい作品
    お値段、分量もお手頃です

  • 佐野史朗さんによる朗読が某動画共有サービスに上がってて、それを聴きながらご飯を食べたら大変妙な気分になった。確かこの椅子は一時期Yという街の外国人が多く泊まるホテルにあるんだけど、横浜のホテルニューグランドの2階ホールなんか、人間椅子を置くにはうってつけの場所だなと行く度思う。

  • 狂気。ゾワゾワする。純粋に気持ち悪い…これぞ江戸川乱歩という感じ

  • 表題作をはじめ8篇の短編集。
    人間椅子
    目羅博士の不思議な犯罪
    断崖
    妻に失恋した男
    お勢登場
    二廃人
    鏡地獄
    押絵と旅する男

    「人間椅子」と「押絵と旅する男」はタイトルも知っているし内容もなんとなく知っているが、他は知らない。
    読んでみるとどれも江戸川乱歩らしい醜悪な美というか、歪んだ世界というか、独特だと思う。
    倒錯し異常であり、とても健全とは言えない乱歩の世界だ。

    人間椅子
    タイトルそのまま椅子の中に入り込んで座る人の感触を楽しみ、恋をする男の手記。
    この発想自体が気持ち悪い。よくそんな発想が出来ると驚くと共に気味が悪い。この常人離れした発想の有無が歴史に残る作家と凡人との大きな違いではあるけれど。

    目羅博士の不思議な犯罪
    猿は人を真似る。
    鏡も人を真似る。
    向こうに見える自分がもし窓から飛び降りたら、こちら側の自分はどうするだろう。

    断崖
    推理小説を書こうと思ったり、もし自分が犯罪を犯すとき(そんな事はないに越したことはない)、一度は考えるだろうものが、完全犯罪。
    自分の手を汚さず、罪にも問われず、相手を亡き者にするには…。

    江戸川乱歩の狂気な世界を堪能出来る。

  • 本屋さんの特集コーナーに置かれていて手にした一冊。
    生まれてはじめての江戸川乱歩の世界観は強烈で、奇麗だと思いました。表題作である「人間椅子」はどうやったらこんな話を思いつくのかと、感動してしまいました。

  • 人間椅子、気持ち悪すぎる‼︎
    江戸川乱歩、ROCKですね。
    押し絵と旅する男も、奇妙でホラー要素が強くて、怪しさ満点でした。

  • 人間椅子/目羅博士の不思議な犯罪/断崖/妻に失恋した男/お勢登場/二廃人/鏡地獄/押絵と旅する男

    苦手だった推理小説の入り口になった作品たち。言葉遣いがとても美しくてミステリというよりも文学を強く感じた。目羅博士の不思議な犯罪は特に好きで、科学や数字では解明できない人間の不思議な心をよく分かっていることを想像させる。
    この人に限ったことではないが、よく人の殺し方をあんなにもユニークに作れるもんだなあ

全161件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

ツイートする