人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.03
  • (166)
  • (181)
  • (131)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1543
レビュー : 161
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸川乱歩というと、日本の本格推理の生みの親というか、推理小説界における大御所という位置付けで見られる作家だと思うんですが、個人的にはホラー小説にこそ真の魅力を感じるというか、とりあえず乱歩は、私の中ではミステリ作家でなくホラー作家なのです。
    そこでこの「人間椅子」です。
    インパクトで言うと「芋虫」もすごいんですが、やっぱりこの「人間椅子」は、読むだけでこれほど嫌悪感が湧いて寒気を覚えた作品は、そうないです。ていうかほぼない。
    短いのに強烈な印象が残りました。
    田島昭宇氏のカバーイラもいいですね。(「サイコ」も好きです♪)

  • 心霊現象だとかを書くホラー小説はいっぱいあるけれど、乱歩の作品は一番怖いのは人間であることを知らしめてくれる。
    それは誰もが心の奥底に秘めているもので、明るみに出てしまうあやうさ、不安定さを物語る。
    絶対無いことはない、あり得そうなリアル感が都市伝説に人がハマるように魅力を放っているのだろう。

  • 短編がいくつもあり、読みやすい?と思う。解説が大槻ケンヂというのもいい。

  • 不気味

  • ::

    初乱歩。
    精神と変態と驚愕と恐怖と真実。
    そして、そこに至るまでの心理、
    他人に対する願望や殺意。
    登場人物の心境変化が、
    豊かな語彙、確かな質感を持って
    巧く表現されていて、
    一気に吸い込まれていった。
    江戸川乱歩を好きになった。
    当分椅子座れない寝れない。
    本当に素晴らしかった
    なんで今まで読んでなかったんだくそう。

    多分何度読んでも
    あの奇妙な違和感と恐怖が
    より鮮やかになってくるんだろうな。
    素晴らしい人だなあ。
    本当に面白かった!

  • 恥ずかしながら初見でした。凄いなあ、乱歩は…このゾクゾクッとするのはたまりませんね。クセになりそうです。

  • ベストセレクションになり、田島昭宇氏の装丁になってからはすべて持っています。

  • ミステリーとカテゴリを選びましたが、実際ミステリーではなく、ノンジャンル。
    この不気味で独特の世界感は他の誰にも出せない乱歩ワールド。
    どの作品も濃厚。中毒にならぬよう注意。

  • 表題作を始め、まさに奇想という言葉がしっくりくる乱歩の独自世界観がヴィヴィッドに感じられる短編がいくつも。
    奇怪であり、時におどろおどろしく、気色悪い。
    中にはユニークな着想のみの域に留まり、展開しきれていないような話もあるが、昭和初期独特の空気はどの作品にも詰まっており、読者に具体的なヴィジュアルイメージを想起させるという点では、今なお図抜けたものを持っていると思う。

    たびたび思うことだが、小説の短編集は音楽のアルバムに似て、各小品のクオリティはもちろんのこと、並べ収める順序というのも重要だ。
    その点においても、「人間椅子」に始まり、「挿絵と旅する男」で幕を閉じるこの短編集は成功を収めている。

  • ちょっとゾッとするお話。
    どんでん返しというか・・ちょっとの間椅子に座るのを躊躇いますね・・
    でも面白いッ!!

全161件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

ツイートする