人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.03
  • (166)
  • (181)
  • (131)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1543
レビュー : 161
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053287

作品紹介・あらすじ

貧しい椅子職人は、世にも醜い容貌のせいで、常に孤独だった。惨めな日々の中で思いつめた男は、納品前の大きな肘掛椅子の中に身を潜める。その椅子は、若く美しい夫人の住む立派な屋敷に運び込まれ…。椅子の皮一枚を隔てた、女体の感触に溺れる男の偏執的な愛を描く表題作ほか、乱歩自身が代表作と認める怪奇浪漫文学の作品「押絵と旅する男」など、傑作中の傑作を収録するベストセレクション第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最高の変態小説。
    発想や言い回しは勿論、読点区切りが非常に短いこともより一層不思議な変態感を演出しているように思う。

  • 再読。
    江戸川乱歩の短編集。
    乱歩の妖しく美しい世界観に引き込まれる。
    人間椅子はゾッとした。あんな手紙が送られてきたら、椅子に座るのが恐くなる。表題作の人間の椅子と押絵と旅する男が特に良かった。
    不気味で悪趣味だなと思っても、怖いもの見たさでもっと読みたくなる。

    人間の椅子・目羅博士の不思議な犯罪・断崖・妻に失恋した男・お勢登場・二癈人・鏡地獄・押絵と旅する男

  • 解説 大槻ケンヂ

  • 江戸川乱歩さんの作品をはじめて読んだ。

    気味が悪くて、ただただ引き込まれる文章。
    サクサク読める。

    憂鬱な気分の時に読んだので、
    気分は晴れることなく
    さらに鬱っぽくなった。

    ほかの作品も読んでみたいと思った。

  • 相変わらずの気持ち悪さ。
    これがいい感じ。

  • 江戸川乱歩の短編は、あまり読んだことがなかった。
    ひとつひとつの作品は、非常に良くできていると思うが、長編に比べると少し物足りない。
    だが、これまで何回も読んだことがある『押絵と旅する男』は、非常にいい作品である。

  • この本の後書きは大槻ケンヂが書いている。世代じゃないので筋肉少女帯を知らなかったがこの本をきっかけに大槻ケンヂにはまった。ぼく以外に江戸川乱歩を愛する人がいて非常に嬉しかった。

  • 独特な発想が織り成す世界観

  • 子供の頃に気味の悪い本を読んだ
    という記憶から思い出したのが「人間椅子」でした。

    大人になった今読むと、ただ気味の悪いだけではなくそうして椅子の中で生きるという変態的狂気、そこに至るまでの物語を創作した江戸川乱歩の表現の豊かさに驚きました。
    幼い頃には「椅子の中に人間なんて気味が悪い」と感じていましたが、椅子の中に入るまでの心境は道理に適っており、ただ怖いだけではなく物語の結末まで読み手が納得せざるを得ない描き方は流石でした。

    また本書には「押絵と旅する男」も収録されており、
    推理小説の文豪として名高い江戸川乱歩ですが
    探偵や事件ものではない「不思議」な謎は非常に美しく繊細な描写で、洗練された気持ちになりました。

全161件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする