芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション2 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.00
  • (129)
  • (166)
  • (112)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1442
レビュー : 119
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053294

作品紹介・あらすじ

両手両足を失い、話すことも聞くこともできない帰還軍人の夫。時子は一見献身的に支えながら、実は夫を無力な生き物扱いをし、楽しんでいた。ある日時子の感情が爆発し……表題作をはじめ9作を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんと奇怪な物語なのだろう、なんでこんな描写ができるのか…ゾワっとする心理的描写ごとても恐ろしい。人間椅子もそうだが、江戸川乱歩はやっぱりすごい!是非読んでほしい物語です。

  • キャタピラーの原作。ユルス、のとこでちょっと泣ける。とても短い話なのに胸が詰まる。短いのに恐ろしく深い。

  • 短編集。
    「芋虫」はおどろおどろしさよりも深い愛すら感じホロリと涙が出た。
    個人的には最後の「人でなしの恋」が一番好きだった。
    耽美とはまさにコレである。

  • 凄い話。
    はっきり言えばグロイ。 グロい話であるのは間違いない。

    戦争で四肢と触覚と視覚以外を失った須永中尉とその妻時子。
    二人しか存在しない世界・どうしようもない、やるせない世界。
    そこから逃げることが出来ないし、逃げようともある意味してない世界。
    その窒息しそうな世界で繰り広げられる残虐性を孕んだ快楽。
    嗜虐性を誘う夫の姿。それにどんどんのめりこんでいく妻。

    相手を滅茶苦茶にしてやりたいと言う時子の歪んだ気持ちは一種の純粋な愛情の現われなのだろうか。

    相手を滅茶苦茶にしてやりたいという欲望に駆られて、負けて
    夫に唯一残っていた外界に対する直接的な架け橋である視覚をい奪ってしまった時子。

    そしてその後我に返り「ユルシテ」と夫の触覚に訴える時子。

    夫はどういう気持ちだったのか。
    自分のせいで妻が狂っていってしまったことを知って、自分の命を自ら絶つために芋虫のごとく這っていき、古井戸に投身自殺を図る。「ユルス」という言葉を残して。


    相手を滅茶苦茶にしてしまいたいと思ってしまうってのは、
    「愛」と「憎しみ」が紙一重の状態になっているのだろうか。
    「愛」ではなくてただの「欲望」なのだろうか。それとも「執着」なのだろうか。

  • 乱歩の怪奇幻想小説集。大変おすすめな巻。表題作芋虫が有名ですが人でなしの恋が乱歩では一番好き。それは単なる夫のピグマリオンコンプレックスではなく、妻すらも嫉妬に狂って打ち殺してしまうほど美しい女性であったのである。

    「人でなしの恋、この世の外の恋でございます。」

  • 江戸川乱歩ベストセレクション第二弾『芋虫』です。
    芋虫 他8編収録。

    個人的におススメは標題の『芋虫』、『赤い部屋』、『人でなしの恋』ですね。
    どんなホラーよりも一番怖いのは人間の狂気。
    江戸川乱歩の作品を読んでいるとそんな思います。

  • やはり標題の「芋虫」が素晴らしい。
    妻の倒錯した心理がヒシヒシと伝わる。
    何気にこんな世界に憧れている自分もいる。

  • 湿ってそうな話だった
    ゾックゾク

  • 芋虫、何度読んでも怖い…。
    トラウマを植え付けられた作品。

    解説にある「人間にひそむ獣性のみにくさと、怖さと、物のあわれともいうべきものが主題」という一文を読んで納得。

    怖いけれど考えさせられる。

  • 江戸川乱歩の作品の中でも、ミステリ色ではなくホラー色の強い作品が詰まった一冊。

    乱歩の描くホラーには、体の内側を這うようなねっとりとした気味の悪さがある。それでも読み進めてしまうのは、どこか共感してしまうからではないだろうか。読んでいると、平生では片鱗さえみせない感情が刺激され、顔をむくりむくりとだしてくるのである。そして芽生えてきた、共感できてしまう自分にもまた恐ろしさを感じるのである。しかし私はその恐ろしさすらも愛おしく思ってしまうのだ。

    私は、『赤い部屋』が1番のお気に入りである。
    偶然を操り人を殺めていく語り手。自分にもできてしまいそうな、そして自分も同じように殺されてしまいそうな、そんな身近さを感じる。

全119件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション2 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×