芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション2 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.00
  • (122)
  • (152)
  • (109)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1207
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053294

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんという純愛作品

    これほどゆがんでひずんで官能的で醜悪さと美しさが入り混じって混沌と化しているのに

    どうしてそこでその言葉が出るの

  • とても有名な「芋虫」をこの前初めて読みました。
    思ったよりも短かったのですが、匂いたつような陰惨でどろどろとした雰囲気がすごかった。

  • 『踊る一寸法師』怖い。手品なのか本当なのか…やっぱり本当なのかな?あと『人でなしの恋』がなんだかちょっと切なかった。人形に恋した男の話なんだけど。

  • 悪趣味ぎりぎりですが、ぎりぎりのとこで踏みとどまっててすごい綺麗。
    『芋虫』で時子に目をつぶされた夫・須永中尉が痛がってるのを「踊ってる」と表現したことで奇妙な気持ち悪さが増してましたね。
    言葉の表現力ってすごいわ。
    「ユルシテ」という時子のメッセージに答えて「ユルス」と記した須永中尉の心理が気になります。

    あと個人的には『人でなしの恋』が好きでした。なんとも切ない。
    夫の恋の相手が人形だったら、わたしも同じ行動しちゃうと思うな。
    めっためたに壊す。それがどんなに夫にとって残酷な行動だと分かってても。

    p185━ 人でなしの恋、この世の外の恋でございます。その様な恋をするものは、一方では、生きた人間では味わうことの出来ない、悪夢のような、或は又お伽噺のような、不思議な歓楽に魂をしびらせながら、しかし又一方では、絶え間なき罪の呵責に責められて、どうかしてその地獄を逃れたいと、あせりもがくのでございます。━

    江戸川乱歩は初めてだけど、これからもっと知りたい。

    収録作品
    『芋虫』・・・元軍人で四肢を失いながらも奇跡的に命が助かった夫。その夫を献身的に介抱しながらも、夫を見るたびに暗いグロテスクな感情を募らせる妻。
    『指』・・・超短編!アダムス・ファミリーの手だけの登場人物を思い出した。
    『火星の運河』
    『白昼夢』・・・白昼での妻の死体の隠しかたの演説。堂々としている・・・。
    『踊る一寸法師』・・・切られた首は笑う。
    『夢遊病者の死』
    『双生児―ある死刑囚が教誨師にうちあけた話―』・・・完璧な計画なのに、痛恨の指紋ミス!
    『赤い部屋』・・・完璧に疑われない方法で人を99人殺したと告白する男。さて100人目は?悪趣味な冗談。
    『人でなしの恋』

  • 不気味なホラーですが、それがすべて人間の手による恐怖だ、というところが小気味良い。


  • 救われない。

    この物語に「芋虫」とタイトルをつけた江戸川乱歩は、本当に残酷だなあ、と。

    極めてグロテスクで美しい。
    最後のオチが恐ろしすぎて読み終わった後しばらく放心状態でした。


    でも嫌いじゃない。

  • 乱歩の短編集。
    やっぱり『芋虫』以上に好きな小説はまだない。

  • 「芋虫」の伏字がすごく気になる。

    「赤い部屋」が好き!

  • 表題作「芋虫」が恐ろしすぎる。怪奇趣味と芸術性をここまで追求したこの作品、恐いのに読み進めずにはいられない。それなのに決してクドクドせず、サラッと読める。この表題作で、やはり女は強(こわ)いと思った。

    「赤い部屋」「双生児」「人でなしの恋」が好き。

  • さすがは江戸川乱歩。です。
    私的に恐ろしい、というよりも一種美しさすら感じられる作品です。

全110件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

ツイートする