芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション2 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.00
  • (122)
  • (152)
  • (109)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1207
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053294

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 凄い話。
    はっきり言えばグロイ。 グロい話であるのは間違いない。

    戦争で四肢と触覚と視覚以外を失った須永中尉とその妻時子。
    二人しか存在しない世界・どうしようもない、やるせない世界。
    そこから逃げることが出来ないし、逃げようともある意味してない世界。
    その窒息しそうな世界で繰り広げられる残虐性を孕んだ快楽。
    嗜虐性を誘う夫の姿。それにどんどんのめりこんでいく妻。

    相手を滅茶苦茶にしてやりたいと言う時子の歪んだ気持ちは一種の純粋な愛情の現われなのだろうか。

    相手を滅茶苦茶にしてやりたいという欲望に駆られて、負けて
    夫に唯一残っていた外界に対する直接的な架け橋である視覚をい奪ってしまった時子。

    そしてその後我に返り「ユルシテ」と夫の触覚に訴える時子。

    夫はどういう気持ちだったのか。
    自分のせいで妻が狂っていってしまったことを知って、自分の命を自ら絶つために芋虫のごとく這っていき、古井戸に投身自殺を図る。「ユルス」という言葉を残して。


    相手を滅茶苦茶にしてしまいたいと思ってしまうってのは、
    「愛」と「憎しみ」が紙一重の状態になっているのだろうか。
    「愛」ではなくてただの「欲望」なのだろうか。それとも「執着」なのだろうか。

  • いつも酒を飲みながら本を読んでいると言われそうですが、はい、たいていそうです(笑)。だって酒を飲みながら読書するのは至福の時間。アルコールが入っても覚醒するタイプの本もありますが、これは幻想世界に誘われて時おり眠気を催すタイプ。しかし夢うつつの状態で読むのにもまたピッタリ。鮮やかなる狂気、美しき変態とでも言いましょうか。

    装丁に惹かれて揃えた江戸川乱歩ベストセレクション。2巻目に当たる本作の表題作は『芋虫』。これをモチーフとした映画『キャタピラー』が強烈で、いまだに大西信満を見るとあの芋虫のような映像が頭に浮かび、眉間に皺が寄ってしまいます。しかし映画ではどうしようもない人柄に描かれていた「軍神様」が、この本では妻のおもちゃになっているかのよう。まるで異なるイメージに驚愕。

    今の時代のホラー作家にも乱歩を読みあさった人は多いのかも。古めかしいのに、いつまで経っても新しい。

  • 読む前から妄想膨らんでいたから(笑)

    割とあっさりだなと思った(^_^;)


    でも、他の短編もレベル高い!

  • 「乱歩を知らぬまま、大人になってはいけない」
    これも松丸本舗のポップでみたメッセージ。友達から進められて初めて読んだ。
    タイトルの話が気持ち悪いせいでとっつきにくかったけれど、後半の話は知的かつ悪趣味な話が多く、結構面白かった。

  • 巻末、三津田信三氏の解説が実に的を射ていると思うのだが、乱歩の志向した理知性と、素養として備えていたであろう怪奇性および幻想性がバランスよく配合された短編集。
    まず表題作でズドンと奈落の底まで突き落とされ、続く3作ほどは余韻を引きずりながら一気に。
    「踊る一寸法師」で再び感情を強く揺さぶられた後に、「夢遊病者の死」、「双生児」で左脳を刺激される。
    そして「赤い部屋」で何とも名状し難い感銘を得ているうちに、「人でなしの恋」へとなだれ込む…。
    シリーズ1巻と同様に、作品パワーもさることながら、編纂の上手さも感じられる。

  • インスピレーション源

  • 芋虫は不気味だけれど、確かに切ない作品でした。

  • 赤い部屋が好きでした。
    あと、人でなしの恋のじわじわ感がたまらない。
    喋る人形というわけではなく、あくまで夫が声音を変えて話していた、というところが凄い。だからこそ怖い。

  • ベッドで真似したりして。芋虫の

  • 標題作の「芋虫」が、映画「キャタピラー」のヒントになったという作品で、映画を観た後に読んでみた。
    戦争で四肢とコミュニケーション手段をほとんど失った帰還兵と、その妻の話。
    小説では、戦争の愚かしさではなく、人間のこわさがテーマの中心になっている。
    終盤の場面、文字では読めたけど、映画には反映されなくてよかった。実写ではエグくてみれないよ。。

    「芋虫」以外の短編も面白く、特に「踊る一寸法師」、「赤い部屋」、「人でなしの恋」が気に入った。


    いわゆる『ホラー小説』は読み切れたことがなく、現代小説でもないので、苦手意識があったけど、読みやすかった。
    江戸川乱歩すごい。

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

ツイートする