屋根裏の散歩者 江戸川乱歩ベストセレクション3 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.69
  • (23)
  • (68)
  • (64)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 517
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053300

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 屋根裏の散歩者は明智さんも出てくるので好きです。
    乱歩作品は犯罪者視点が多いですが、心象を上手く表現できていると思います。

  • 人間椅子同様、屋根裏が気になる。

  • 明智さんがでてくる中編2作。

  • 「屋根裏の散歩者」
    下宿の屋根裏を這い回る郷田の息遣いが聞こえて来そうなほど、読んでいる側もドキドキとする物語でした。自分の家の屋根裏に誰かが潜んでいると想像すると、かなり怖いです…。こちらにも明智探偵が登場しましたが、その実力がしっかりと描かれていない印象を受けました。

    「暗黒星」
    個人的には表題作よりこちらの方が面白かったです。中盤で犯人が分かってしまっても、最後までぐいぐいと読ませる勢いはすごい。これが大御所の実力か!犯人の恐ろしいまでの狂気は読んでいてゾクゾクしました。けれど、ほんのりとした物悲しさも漂う物語で、読後感はしんみり。

  • 明智さん登場の巻


    ミステリーはこわくて好きくないよー。


    やっぱり短編が好きかも。
    明智さんは黒蜥蜴以外読む気はないや。

    『芋虫』をまだ読んでないからそっちに期待。

    このシリーズの絵は好きだったけど、
    これは構図が好きじゃなかったわ。
    怖いし。


    でもねーミステリー好きじゃないとかいいつつ
    乱歩さんのミステリーの語り口調好きなんだよね。

  • 収録作「暗黒星」の謎解きは、今の時代では出尽くした種明かしのようかもしれないが、
    それでも独特の哀愁のようなものを感じさせてくれる江戸川乱歩はすごい。

  • うちにも屋根裏があるので、ぞっとしました。

  • 明智活躍長編読んだのは初めてかな。
    もうちょっと気持ち悪い方が好き。

  • 自分たちは屈折していないから覗く側の人間にならなかった。だから盗聴されてもビクビクせず、堂々としていればいい

  • あけちさんは以下略

全47件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

ツイートする