黒蜥蜴 江戸川乱歩ベストセレクション (5) (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.90
  • (46)
  • (81)
  • (52)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 553
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053324

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 京極夏彦曰く、江戸川乱歩は文豪ではない。
    文体が流麗な訳でもない。
    しかし、生前から全集が何種類も出版されるほど人気であり、今も読み継がれている。
    その魅力は何か?ということで、久しぶりに乱歩を読んでみた。
    昔読んだ時に、あまり好きではなかったんだよね‥。
    さて今回は、面白く読めた。
    次々と展開してゆくストーリー、仄かにグロテスク、確かに面白い。
    でもそれはドラマを見るような面白さであって、小説じゃなくてもいいんだよなあー。
    ということで、今後も読むかは不明。読めば面白いんだろうけど。

  • 限定の和装カバーにつられて購入。
    話が黒蜥蜴側描写が続くにつれ、これは明智小五郎に翻弄される一択だぁ、とつい黒蜥蜴を応援したくなる…。
    前半の誘拐劇はどう転ぶかわからずにドキドキした!

  • 乱歩の長編は初めて読む。エログロ描写が結構ある。

  • 腕に黒いとかげの刺青をした美しい女盗賊「黒蜥蜴」と、名探偵明智小五郎の対決。(主に変装対決)
    美しく、能力もあり、プライドも高い黒蜥蜴を追いつめる明智がだんだん憎らしくなってくる。そしてラスト。なんて劇的な…!

  • 結構昔に書かれた本だが、問題なく楽しめます。
    今の本よりどぎつい表現・描写がないから物足りなさを覚える向きもあろうが、当方は品の良さに感心しきり。
    今だ影響力を持つ作家はそうおりません、当方が何かせずとも大丈夫だが読み継がれていって欲しい日本の至宝の一人でしょう。

  • ラジオドラマに触発されて読んでみた。あっという間に読んでしまった。
    わたしはすっかり黒蜥蜴の奴隷の気分で読んでいた。だから彼女を追い詰める明智さんの手腕にハンカチを噛む思いだったし、追い詰められた彼女が窮地を脱するところなど歓喜に打ち震えた。黒蜥蜴を追いつめられたのはこの世に明智さんのみ、という部分には嫉妬を覚えなくもないが、悪と正義が高みまで上り詰めて己を競わせる姿は奴隷の私には大変眩しく思えました。

  • 『黒蜥蜴』 黒トカゲ と読む。物語に登場する女盗賊のことである。
    80年以上も前に書かれた物語である。

    とうぜんケータイ電話なんぞは出てこない。
    もしこの物語の時代にケータイがあるとややこしくてしかたないなぁ。
    ほとんどの事が秘密でなくなってしまい、できなかったことも平気でできる。

    どうもあたしは古典的な推理小説を読むとそのようなことを考えてしまうことが多いようだ。

    きっかけはやはりケータイでしょうね。

    こりゃ、その昔わたしが純真な少年だったころにあこがれた超能力「テレパシー」とほぼ同じことを誰もが出来てしまうのだから。

    ああ、ケータイの発明は人間の生活を根本から変えてしまったよなあ。

    最近の小説はかならづケータイが出てきて、なにか事件が起きても、まづその被害者のケータイがどうだったかが話題になる。 場合によっては犯人への重要な手ががりにもなる。そうして警察の捜査もケータイという手段がおおきな前提条件としてはめこまれてしまう。結果主人公があまり移動をしなくなったりする。

    わたしの好きなシーナ兄ぃがあんましケータイを使わないのはそういうところに理由があるのかもしれないなぁ。

    というわけでエドガーアランポウの名作『黒蜥蜴』は、ケータイ電話への哀愁で感想が出来上がったのだ。 すまんこってすだ。 すごすご。

  • 明智小五郎VS黒蜥蜴

  • 2009.12.23読了

  • あけちさんは
    なんだかKYな
    髪が長くて
    色素が薄くて
    メガネのイメージになってしまいました

    今まで陣内さんだったのに!

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

ツイートする