パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション (6) (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.69
  • (30)
  • (54)
  • (49)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 532
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053331

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミステリーというより幻想小説といった感じの作品です。
    人見の妄想を実現した「パノラマ島」の描写が素晴らしいです。美しさと狂気が入り交じった何とも言えない雰囲気が堪りません。非常に乱歩らしい作品だと思います。

    「石榴」はラストのどんでん返しは想定内でしたが、切れ味は抜群。良作だと思います。

  • 「パノラマ島綺譚」は乱歩らしい表現がたくさん盛り込まれた作品だと思った。この世に退屈している主人公、夢想、美意識、変装、パノラマ、眼鏡(レンズ)、トリック、破滅など。島の様子を想像するのがとにかく大変な小説。丁寧な描写があるけれど、残念なことに自分の想像力がついていかなかった。ラストのインパクトが凄い。
    「石榴」も探偵小説、謎解き、変装、どんでん返しなど、乱歩小説の特徴ともいえるものが出てくる小説。残虐な死体を気色の悪いものとして描くのではなく、石榴のようだとまるで美しいもののように描写するあたりが乱歩らしい。

  • ・パノラマ島奇譚
    独特の世界観やその美しさに惹き込まれる。
    最後の様な光景を見たら、自分はどうなってしまうんだろう。


    ・石榴
    どんでん返しが繰り返されて多少混乱した。
    タイトルが重い意味を持っていていい。

  • 「パノラマ島綺譚」
    自分と瓜二つな人物になりすまし、思い描いていた理想郷を現実につくり上げた男の話。パノラマ島の描写が長く、まるで夢のようで現実味のない話だけど、読み終わったあとにはその異様な光景が頭に残り続ける。江戸川乱歩の強い美意識が感じられる作品。

    「石榴」(ざくろ)
    乱歩の短編「二癈人」に設定が似ているけど、事件のトリック中心で、私はこちらの方がおもしろく読めた。
    硫酸をかけられて真っ赤になった顔を、まるではぜた石榴のようだと描写するそのセンス…すごい。

  • 江戸川乱歩の作品は、結構好きで以前にも「人間椅子」や「芋虫」などの有名な作品は読んでいた。人間の持つ悪の部分をじわじわと表現するうまさがあり、どんどん作品に引き込まれる。ただし、乱歩の描くパノラマ島の描写に自分の想像がついていけているか、他の人はどんな想像をするのだろうと興味が沸き、絵になっているものがあったら観てみたいと思った。

  • 今更ながら読了。

    表題作のパノラマ島奇譚もさることながら、石榴が私的にはすごくよかったです。
    この間読んだ『死体を買う男』は確実にこの作品を底においているんだろう、と思いました。

    パノラマ島奇譚
    …いうまでもなく、島の描写が美しい。日本人の「ぞっとするような美しさ」を、正面から突き詰めたら、きっとこんな風に恐れを抱かせる美が実現されるのだろうと思います。
    ミステリ部分(事件とその露見、そして告発と幕切れ)ももちろん秀逸で同じ美しさが貫かれているのですが、それすらも、この島の物語を完結させるための仕掛けのひとつと思われます。


    石榴
    …常軌を逸した殺人事件と、それを巡る人たち。重要人物が、探偵役である主人公の知古であるのが、生々しくけれど温かくて好きな空気でした。
    ミステリといえば探偵がいて、主人公はちょっぴり考えの足りないワトソン役というのが常道ですが、私はこの、主人公が探偵役で、主人公と一緒に悩んだり解決したり、解決したと思ったのにどんでん返しにあったり、というのが好き。

    二作とも大満足な作品でした。
    さすが乱歩!現代文学には多くない、巨匠の作品に触れました。

  • 結末が見えているのに中々進まない物語。そこに魅力が詰まった作品であった。

  • 売れないもの書きの廣介は極貧生活ながら独特の理想郷を夢想し続けていました。
    彼はある日、学生時代の同窓生で自分と容姿が酷似していた大富豪の菰田が病死した事を知り、自分がその菰田になりすまして理想郷を作る事を思いつきます。
    荒唐無稽な企みは意外にも順調に進んでいくのですが、妻には彼が偽物である事を感付かれてしまいます。
    廣介の妄想への飽くなき執念が怖いです。
    本書の結末は強烈です。

  • 先に丸尾末次のまんが版を読んでしまってから積読状態

  • 奇妙な美しさが病みつきになる一冊。

全49件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション (6) (角川ホラー文庫)のその他の作品

パノラマ島綺譚 Kindle版 パノラマ島綺譚 江戸川乱歩
パノラマ島綺譚 オンデマンド (ペーパーバック) パノラマ島綺譚 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

ツイートする