孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.27
  • (144)
  • (97)
  • (51)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1046
レビュー : 105
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053348

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『黒蜥蜴』でも思ったけど、エロいですよね、江戸川乱歩って。
    ダイレクトではなくてジワジワくるエロさ。『人間椅子』に近いエロさ。

    箕浦と諸戸との同性愛がってのもあるんだけど、それはまあプラトニックなものなので、そうじゃなくて。
    他人と違う事っていうか、歪んでいる(この言い方で合ってるのかは疑問ですが)からこそ、美しく、妖艶なんじゃないかなぁと。

    ただ、諸戸の最後、最後の一文が切なすぎた。
    彼は幸せだったのかしら?

  • 主人公に弄ばれる彼は痛ましい。

  • 江戸川乱歩は初めてだったが、名作は色褪せないことを改めて思い知った。この独特の空気感は、すごい。

  • 孤島の鬼? 鬼とは箕浦君のことですね、わかります。
    自己中ノンケに翻弄される一途な諸戸が気の毒すぎるわ!
    一度くらい相手してやればいいじゃないか。この鬼!

    最後の一文に泣けました。
    せめて箕浦とは違うタイプの美少年に誘惑でもされれば、箕浦だけにとらわれないですんだかもしれないのにね~。

  • 見た目と心の醜さ。歪。生まれる鬼。
    知らぬ愚かさ。眩さ。いとおしい鬼。


    諸戸にとってはどちらも恐ろしい鬼だったんだろうなぁ〜などと考える。

  • 不朽の名作。
    初っ端から引きずられるように読ませられる。

  • 狂気的なのが素晴らしい

  • 同性愛要素のあるミステリーということで読んでみて、箕浦と諸戸のなんとも落ち着かないふわふわとした関係に少しだけ萌えました。重要な人物のはずの諸戸の結末が、あまりに唐突で悲しすぎます。ミステリーとしては、きっとこの本が出版された当時なら真新しいアイディアに溢れているように感じることができたのでしょうが、今となっては使い古されたテーマの連続のように見えます。古典なんてそんなものなのでしょうか。

  • 随分昔に読んだけど、内容を思い出せなくなっているのでもう一度。未読扱い。 (2009/8/23追記:)道雄…。・゚・(ノД`)・゚・。主人公には作中散々な言われようだった彼だが(フォローも多かったけど)その所為もあってか最後の一文の余韻が尚更切ない。殺人や謎解きに関しては、登場人物に解明されるに任せて読み進めていたけど終始先が気になって一気読み。面白かったです。

  • 【未読】
    2009/07/31 購入

    (表紙買い、お恥ずかしい。昔読んでる、再読予定)

全105件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

ツイートする