黙示録 上 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053812

作品紹介・あらすじ

1712年、琉球王に第13代尚敬王が即位した。国司の蔡温は国を繁栄させるため、王の身代わりとなる存在「月しろ」を探し始めた。一方、貧しさから盗みを働く蘇了泉は、王宮を追われた舞踊家・石羅吾に踊りの天賦の才を見出される。病気の母親を救うため、謝恩使の楽童子として江戸に上ることを決めた了泉。だが船中には、もうひとりの天才美少年・雲胡が同乗していた……。将軍に拝謁すべく、二人の舞踊家が鎬を削る!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯に「疾風怒濤」とあり、正にその通り。
    展開が唐突、という感じもするが、書きたいことが盛り沢山あるということなのかも。冗長さは全くない。

  • 初の池上永一。

    琉球舞踊の話?王の身代わりとなる「月しろ」ってなんだかファンタジー?と思いながら読むと、イメージと違って、エグい!

    了泉の最下層民としての描かれ方、母の扱いも容赦がなくて、怖ささえあるし。
    更に途中から参加する正史様が、そこまでシモの話を描ききりますか、というくらい、エグい。
    ……私は、ちょっと付いていけませんでした。

    でも、踊りパートは面白い。
    『ガラスの仮面』を彷彿とさせる。二人の踊り手が、お互いの才能に嫉妬し合いながら、新たな魅力を発掘し合っていく部分。
    了泉はマヤで、雲胡は亜弓さんだよね。
    映像化したら、色合いが美しいんだろうなー。

    下巻がどうなるか、予想がつかないまま進む。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1970年沖縄県生まれ。早稲田大学在学中に『バガージマヌパナス』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。96年『風車祭』で直木賞候補に。沖縄の伝承と現代を融合させた世界を確立。圧倒的なスケールのエンタメ作品を次々と発表。著書に『レキオス』『シャングリラ』『テンペスト』『黙示録』などがある。

「2017年 『ヒストリア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黙示録 上 (角川文庫)のその他の作品

黙示録 上 (角川文庫) Kindle版 黙示録 上 (角川文庫) 池上永一

池上永一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
辻村 深月
米澤 穂信
上橋 菜穂子
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする