肉弾

著者 : 河崎秋子
  • KADOKAWA (2017年10月6日発売)
3.68
  • (2)
  • (14)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :77
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053829

作品紹介

豪放でワンマンな父親のもとで育った貴美也は大学を休学中のニート。親に反発しながらも庇護下から抜け出せずにいる。そんな彼を父親は、北海道での狩猟に連れ出した。地元ガイドの話を無視し、大物の雄鹿を仕留めるために、父子はカルデラ地帯の奥深く分け入っていく。そこに突然熊が襲ってきた。なすすべなく腹を裂かれて死ぬ父親。ひとり取り残された貴美也。後ろから気持ちの悪い唸り声が追ってきた。情けなく涙と涎を垂らし、悪態をつきながら、貴美也は逃げる。ただ、死なないために。
自分の傲岸なまでに強靭なエゴに支配される人間。人間に従属する歴史を繰り返した犬。人間の営みにより生活をおびやかされた熊。残酷だが美しい、それぞれの生――そして青年は覚醒する。

肉弾の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『颶風の王』の花島(ユルリ島がモデル)の馬の姿が忘れられず、河﨑さんの二作目をすぐに予約しました。

    舞台は北海道。原生林開墾・開拓の末のイナゴ襲来と冷夏。容赦のない自然の厳しさを突きつけられる。『羆嵐』のような怒涛な展開に圧倒されました。途中で心の整理が出来ないまま話が進んでいくので「ちょっと待って。ちょっと待って」と動揺してしまいました。だけどよくよく考えてみれば(表紙がすべてを語っている)主役は人間ではなく、物言えぬ野生動物たちなのだ…と気がつき、その目線で読んでみると様々なことが見えてきた。

    増えすぎた鹿に対するオオカミの再導入案。融雪剤と野生動物の関係をググりながら読みました。自然のバランスを崩し壊し続けてきた人間の身勝手さに胸が苦しくなりました。調べていくうちに[風連湖でエゾシカを襲った野犬]の記事を知り、河﨑さんが伝えたかったことは、きっとこれだ…と感じた。ラウダたちの悲痛な訴えが聞こえてきたように思う。

    河﨑さん。ずっと追いかけたい作家さんです。

    【カドブン】  
    平松 洋子さん(エッセイスト)のレビュー
     https://kadobun.jp/reviews/153/3e7c1c03 ←さらに深くすごすぎる感想。

  • 「颶風の王」で根室ユルリ島の野生馬たちを描いた作者が、次に何を描くのか、興味を持って待ち望んでいました。
    今回はより野生に肉薄した物語です。

    北海道では開拓民と動物たちのせめぎ合の中で歴史が作られてきました。森林を開拓して10年経っても立ち行かない暮らし。そこで起こる悲劇。小説「羆嵐」を思わせました。狼を絶滅させた後に増えた鹿。食べ物が足りない山の中。人の味を覚えた羆。さらには人間の都合で捨てられた犬たち。美貴也は父に半ば強制のうちに羆棲む森の中へ連れてこられ、異様な体験をします。
    息をつけないほどの緊張感。冷徹なまでに描かれる死、死、死・・・。

    本作では人間のエゴが描かれ、前作よりもさらに自然と人の生き方を突きつけられる思いでした。残酷だけれど、真実がここにある。異世界の体験をした美貴也が、これからどんな人生を送るのか・・・それは全て読者に委ねられます。

    ますます楽しみな作家さんですが、本業は羊飼いでいらっしゃるので、そちらの方も応援したいです。

  • 人間の弱さと愚かさと。覚醒したとは言っても結局犬の助けがなければ勝てなかった野生との戦い。その犬は愚かな人間が捨てた産物。そんなんなら飼わないで。本当のそう思う。戦いのシーンは圧倒的な筆力、表現力であまりの生々しさに眉をひそめたくなるほどでしたが、キミヤもその父も愚かで。ただ、父は父なりにキミヤを愛しているんだ、愛していたんだ、と文章のそこかしこから感じることができました。ただ間違っていた。不器用じゃなくて、間違っていたと私は思います。救出されたあとのキミヤとラウダのその後を知りたい。続編出ればいいなぁ。

  • 主人公のキミヤは何をする訳でもなく、家に引きこもっている。
    豪放で強引な父親に反発するが、勧められるままに狩猟免許を取得。
    2人で北海道の釧路へ鹿撃ちに出かける。宿泊先のオーナーがキミヤに語る開拓者たちの歴史も胸に迫るものがあった。

    全体を通して、北海道に住み羊を飼って生活をしている河﨑さんだからこそ書けることだと思う。
    森の中の描写は、獣の匂いと咆哮を身近に感じさせる。
    そのため、本を持つ手に力が入った。
    「颶風の王」に続き、今回も読み応えありの作品。

  • まあたまにはこういう妄想小説もいいだろう。

  • 前作のデビュー作も凄いのがきたと思ったら、またも…「電車で立って読んだら危ないやつ」。羊飼いを生業としている筆者。いつもどんな景色を見て、自然と動物達と人間たちのことを考えているんだろう。次作も楽しみ。
    2018/1/1読了 2018年の1作目

  • デビュー作の「颶風の王」が骨太な話で好きだったので、2作目の本作も期待して読みましたがいまいちでした。引きこもりの少年が犬と力を合わせて熊と素手で戦うという、、、。リアリティがなさすぎました。生きるか死ぬか、殺すか殺されるかの自然の過酷さを伝える描写が多くてお腹いっぱい。

  •  猟が禁じられた摩周湖周辺の森林の中に、密かにヒグマ狩りを狙った父子が入り込んだ。父子が遭遇したのは、予定?通りどう猛なヒグマだ。早々に父親はヒグマに食されてしまう。想定外は、そこに野犬の群れが現れたことだ。飼い犬が捨てられ、野犬化した、言わば棄犬の群れだ。一時は自死さえ考えた主人公は、犬の群れの頭目となり、ヒグマと対峙する。
     父子関係の軋轢がもたらす人生の無力感から家に引きこもっていた主人公は、意外なほどの生命力を取り戻していく。『野生の呼び声』のような動物小説を期待していたので、軽い期待外れ感がある。少年の成長譚としても少し期待外れだったかな。

  • すれ違った父子の修復を北海道の原野での狩猟を通して図ろうとした父の目論見は,予想外の展開を見せる.熊,野犬となった犬達,そして美貴也と視点を変えながら,生きることへの凄まじいまでの執着を描いて圧倒的だ.だけどお父さん,あなたの的の外れた愛情はほんとうに大迷惑だよ!

  • 河﨑秋子 「 肉弾 」食うか食われるかの野生の世界において、ニート青年の生き直しを描いた本。むき出しの生存本能の描写は すさまじい

    タイトルの肉と弾を 対称的存在として読むべきなのだろうか。肉は 食うものと食われるものを仲介し、弾は 生と死を仲介している存在とか。それとも 肉と肉のぶつかり合いという意味か

    「暴力に意味があるとしたら、それは生と死に関わる時」その通りだと思う

    「美しくなくても生きる」生命の自律が 野生の世界で 生きるということなのだと思う。

全13件中 1 - 10件を表示

肉弾のその他の作品

肉弾 (角川書店単行本) Kindle版 肉弾 (角川書店単行本) 河崎秋子

河崎秋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
三浦 しをん
河崎 秋子
いとう せいこう
西 加奈子
森 絵都
長岡 弘樹
又吉 直樹
森見 登美彦
佐藤 正午
西川 美和
今村夏子
村田 沙耶香
米澤 穂信
辻村 深月
恩田 陸
今村 夏子
宮下 奈都
平野 啓一郎
原田 マハ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする