君を描けば嘘になる

著者 : 綾崎隼
  • KADOKAWA (2018年1月25日発売)
4.33
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 73人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053850

作品紹介

瀧本灯子には絵しかなかった。
小学一年生で美術教室に通い始めてからは、
寝食も忘れてアトリエで感情の赴くまま創作に打ち込む毎日。
そんな彼女の世界に南條遥都という少年が現れた。
自分にはない技術を持つ遥都を認め、
次第に彼にだけは心を開きはじめる。
しかし嵐の夜、美大生になった二人のいるアトリエを土砂崩れが襲い――。

妬む人、託す人、助ける人、ともに歩む人。
二人の若き天才を取り巻く喜びと絶望を描いた、
恋愛小説の名手による新時代の愛の物語。

君を描けば嘘になるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとちょっと、綾崎さんこれはずるくない?
    こんなの書いちゃうのずるくない!!

    ラストまで読んでタイトル(表紙)見ると、震えるんですけど!!

    遥都よ、きみは、9歳で人生の青写真描いちゃったのかよ。すごい強烈な愛情。

    天才がひとり登場する物語は数多くあるけれど、ふたり登場するものは多くない。
    しかもこんな形で愛を育むふたりの天才なんて見たこともない。遥都のわかりにくい愛情も、灯子の真っ直ぐ過ぎて誰もついてこれない愛も、見たことがない。でもこれって間違いなく愛の物語ですよ。

    灯子の「いつだって遥都は正しいから、私は考えなくていい」ってスタンスに目から鱗でした。信頼という言葉をこんな風に表現できるものなのか、と。
    灯子みたいな女の子はたぶん女性には描けない。綾崎さんだから描ける女の子だなぁ。

    彼女が大事なものを失ったときだって、彼はなにひとつ諦めてないし、それどころか新しいこと始めてるし、それすらひた隠しにするし、ほんと器用なくせにそこだけ究極の不器用かよ!とひとりツッコミをいれてしまったよ。

    そして個人的にはミュシャが大好きで、17年4月に六本木にミュシャ展を観に行っていたので、そうか、あの場所に実嘉先生も灯子も居たのかと思うとなんだか妙にハートにきてしまって、泣けてしまう。
    あのスラブ叙事詩を、同じものを見れてよかった。

    ふたりの未来が明るいものでありますように。
    なんて心配も杞憂かな。だって無敵の遥都がいるんだし、あいつなんだってどうにかするよな、きっと!笑

  • 絵を描く人たちの物語。芸術の世界には飛び抜けた天才と、滲む努力の秀才と、抗う凡人と、挫折する凡人がいる。そういう人たちの葛藤や生き方、そしてその中で生まれる愛を描いた作品でした。 灯子の件では、梢のように私も努力をしないといけないという気持ちになり、最後の締めでは、おいおいなんだよ〜〜って笑って読み終えました。 (綾崎先生の作品は全部読んできていますが、救いようのないバッドエンドの作品も読みたいと密かに思っております…)

全2件中 1 - 2件を表示

君を描けば嘘になるのその他の作品

綾崎隼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
東野 圭吾
辻村 深月
恩田 陸
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

君を描けば嘘になるはこんな本です

ツイートする