怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブック

著者 : 中野京子
  • KADOKAWA (2017年7月19日発売)
3.58
  • (3)
  • (15)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :102
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053881

作品紹介

名画の「怖さ」に注目するという新しい絵画の楽しみ方を提唱し、世に「怖い絵」ブームを巻き起こした中野京子。
そのシリーズ刊行10周年を記念した展覧会が決定!

「怖い絵」展 7月22日(土)~9月18日(月・祝)兵庫県立美術館、10月3日(土)~12月17日(日)上野の森美術館 で開催。
『怖い絵 泣く女篇』(角川文庫)の表紙も飾った「レディ・ジェーン・グレイの処刑」(ドラローシュ)が奇跡の初来日を果たすなど、見どころ満載の展覧会です。

本書はその「怖い絵」展にやってくる名画の数々を中野京子が新たに解説した、「怖い絵」ファン必須のスペシャルブック。中野節が炸裂し、名画の恐怖が増幅します。
また「怖い絵」がある世界の美術館MAPや、「怖い絵」展が実現に至るまでの悲喜こもごもの裏話、そして大の「怖い絵」シリーズファンという宮部みゆきと中野京子の豪華対談も収録!

「怖い絵」シリーズと「怖い絵」展のすべてがわかる、正真正銘、保存版の一冊!

怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上野の森、行きたかったな。

  • 兵庫県立美術館で、7月22日~9月18日迄開催されていた。
    行く気満々だったのだが、、、、何やかやと、用事や、身体の調子が、悪くて、チケットがあったのに、無駄にしてしまった。
    とても残念だったので、中野京子氏の本を読んでみた。

    10月7日~12月17日迄は、上野の森美術館で開催だが、、、、東京へは、来年1月上京予定で、、、、見られないので、本で我慢。
    ヨーロッパの歴史は複雑であるが、聖書・宗教問題が、西洋美術に、その内面が、隠されたように描かれている。
    今は、花の都パリや、ロンドンのような大都会でも、数百年前には、娼婦であふれており、テムズ川は、自殺の名所だったとは、、、誰も今、考えられない事である。

    怖い絵ばかりでなく、10月3日~1月14日のエルミタージュ美術館展ヘ行ってみたいと思っている。

  • やっぱりいいなあ。中野京子さん。
    個人的にはセイレーンとかキルケーとか美しい怖さが好きです。「怖い絵展」観に行きたいよー!

  • 著者中野京子氏の「怖い絵」シリーズに基づいた企画、「怖い絵」展のエッセンスを解説。「レディ・ジェーン・グレイの処刑」など。同シリーズの大ファンである、宮部みゆき氏との対談もあり。

    怖い絵展は、現在上野の森美術館で開催中 (2017.10.07-12.17)。

  • 展覧会むけのガイドブックですね。

  • 2017_028【読了メモ】(170921)中野京子『怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブック』/KADOKAWA

  • 怖い絵展を見に行く前に読んでおいた方が良いと聞き急いで読了。相変わらず絵画に興味を持たせてくれる、面白さが伝わってくる。宮部みゆきさんとの対談も興味深かった。宮部さんの本の面白さにも影響を及ぼしてたのか!今回の目玉である『レディジェーングレイの処刑』の来日に至る経緯、これまた興味深かった。

  • 2017年8月24日購入。

  • シリーズの最初から読んでた。面白い。こういう、背景を知ってから美術館に行くと楽しいんだろうなあ。期間中に上野の森美術館行きたいな。

全12件中 1 - 10件を表示

中野京子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
中野 京子
恩田 陸
中野 京子
三浦 しをん
又吉 直樹
村田 沙耶香
池井戸 潤
又吉 直樹
ピエール ルメー...
東野 圭吾
塩田 武士
原田 マハ
中村 文則
有効な右矢印 無効な右矢印

怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブックはこんな本です

怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブックを本棚に登録しているひと

ツイートする