角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 5 宗教が支える社会 八〇〇~一二〇〇年

  • KADOKAWA
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054222

作品紹介・あらすじ

売上No.1 角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』のKADOKAWAから『世界の歴史』全20巻、一挙刊行!!
★最先端の歴史理解の方法を採用! 「グローバル・ヒストリー」による新構成
★さらに進化した「東大流」! 歴史の「横のつながり」をつかむ工夫が満載
★まんが4160ページの最大ボリューム!いちばんくわしい『世界の歴史』です
★どこよりも最新の情報を掲載!新型コロナウイルス感染症やBLMの話題まで収録

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「もしもこの時代の三帝王が一堂に会したら」
    ヨーロッパからはフランク王国のカールさん
    西アジアからはアッバース朝のハールーン=アッラシードさん
    中国大陸からは宋の趙匡胤さん

    それぞれに宗教とそこから生まれる知識や学問によって国を治めたいと思っていた帝王。
    社会の秩序を保つために宗教や学問が重んじられ
    そこから広い領土に文化的なまとまりが生まれました。
    現代の私たちが西ヨーロッパ西アジア中国について思い浮かべるイメージは、彼らが作った…ということもできそうです、と羽田正さん。
    (ただし彼ら自身が勉強していたかどうかはかなり怪しい、とも)

    そしてこの巻ではもう一つ、東南アジアの海と交易が
    地図と上手な絵でわかるようになっているのが、とっても良かったです。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする
×