けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (3)

制作 : けものフレンズプロジェクトA 
  • KADOKAWA
4.78
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054505

作品紹介・あらすじ

BD付のガイドブックでTVアニメを永久に楽しもう!

第5話、6話を収録したブルーレイディスクが付いた公式ガイドブック第3巻!
スタッフインタビューやCVたちの”迷”解説、貴重なイラストギャラリーのほか、吉崎観音先生のイラストを使った「けもフレ図鑑」も収録。
これがあればいつでもフレンズたちに会える! 映像と文字でパークを探検しよう!

コンセプトデザイン:吉崎観音(「ケロロ軍曹」他)
監督:たつき(「てさぐれ!部活もの」)
シリーズ構成/脚本: 田辺茂範(「団地ともお」他)
音響監督:阿部信行
作画監督:伊佐佳久
美術監督:白水優子
アニメーション制作:ヤオヨロズ

キャスト
かばん…内田彩、サーバル…尾崎由香、フェネック…本宮佳奈、アライグマ…小野早稀
ロイヤルペンギン…佐々木未来、コウテイペンギン…根本流風、ジェンツーペンギン…田村響華、イワトビペンギン…相羽あいな、フンボルトペンギン…築田行子

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017年1月から3月まで放送されたアニメ「けものフレンズ」の第3巻。第5話「こはん」と第6話「へいげん」を収録。ガイドブックでは、けものフレンズの世界にある世代交代について博士と助手が考察しています。そして、毎回、色々なフレンズがいるなと感心。いったい、どれだけのストックがあるんだろうか。

  • 現場の声や現場の雰囲気が伝わる対談を読む限り成るべくして成ったサーバルではあるが、第1話ではその演技は芳しくない評価であったことを鑑みると「う"っ」の誕生秘話、エピソードには感慨深いものがある。
    それに声優陣によるトキの人気がこれまで読んできて分かるのも面白い。けもフレが抱える作品に対して幅広く持たせることの出来る持ち幅の広さと懐の深さを整えた臨機応変な体制や現場があるから声優陣が自然体に近い状態で個性豊かなキャラクターによりその息吹を乗せ育み、それがゲストキャストの1話での登場ではあるが、痛烈なインパクトの個性を残すことになるトキやアルパカ、スナネコに繋がったのだと窺えるのが楽しい。
    対談以外では世代交代の解説ではあるが、コノハ博士とミミちゃん助手は確かに賢いが、博士と助手の我々は賢いがすごい前に出てきていた。
    図鑑はチベットスナギツネが圧巻の存在感を放つ。

  • たーのしー!

  • ひとまず、ガイドブックの内容はまだ発売されていない(4/28日現在)ので、アニメの方の説明を。
    5話は、優柔不断なビーバーのフレンズと、猪突猛進なプレリードッグのフレンズのお家建築のお話。
    動物の特徴的な行動がみられます。そして、生活の上での知恵も。
    資材を集めたものの、怖くて組み立てられないビーバー、掘る穴が掘るはしから崩れて行くプレリー。無事に出きるのか、本当に不安です。
    6話は、縄張り争い。そんな最中に、かばんちゃん達は、通り掛かり、巻き込まれます。
    と、言うととても不穏な感じだけれども、ここはジャパリパーク、何ともほのぼのな争い。
    百獣の王者ライオンのフレンズチームと、巨大な鹿ヘラジカチームの対戦。なんとヘラジカのフレンズチームは、全敗中。
    ライオンチームが全勝する理由は、とてもシンプル。だけど、ライオンは、何とか怪我人を出さずに勝負を向こうの勝ちでおさめたい。
    そこでライオンは、かばんちゃんにヘラジカチームに、助っ人をお願いするのです。
    今までの中で一番たくさんのフレンズが動き回ってその特徴を見せてくれるお話。
    アライさんたちが立ち寄った時は、また違った勝負をしています。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする