ライラと死にたがりの獣 (1) (角川コミックス・エース)

著者 : 斉田えじわ
制作 : 斯波浅人 
  • KADOKAWA (2017年4月4日発売)
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 25人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054611

作品紹介

亜人・アーロンに与えられた、ただ一つの生きる目的、それは「他者の死」。そしていつしか抱くようになった、ただ一つの願い、それは「自身の死」。一人の少女との出会いが、アーロンを「死に至る旅路」へと誘う…。

ライラと死にたがりの獣 (1) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マフィアの「武器」として何もわからない子供のうちに誘拐され、物扱いされて「殺戮マシーン」と化した亜人・アーロンが唯一知っている「物語」は青い瞳の天使が「死」と言う解放への世界へ導いてくれること。それが絵本の中のお話である事も、自分が虐げられた被害者で在る事も「知らない」亜人。いつもの仕事、ターゲット一家の娘ライラの青い瞳を見て、アーロンは絵本の天使が来たと錯覚し、ライラを連れて仕事を放棄する。ライラは、愛する母親を殺した(と言う設定だが、実はアーロンではないかもしれない)アーロンから、絵本の中の天使の様に自分を死へ導いてくれ「殺してくれ」と言う。アーロンには「心」や「感情」が欠如している事に気付くが、母を殺された憎しみもある。設定の妙技。
    アーロンは「心」を学ぶのだろうか。ライラはアーロンに「心を教える」と言い放ったところで1巻目終了。
    アーロンの境遇が什造と被るから。
    身体は成獣、心は幼獣、しかも一冊の絵本をずっと胸に抱えて、しかも殺しのテクは一級品、ってキャラ的には美味し過ぎだろー!!
    亜人が人間に差別されてる事にさえ疑問を持たないほどの無知が、ライラとの旅路でどうなるのか…

  • 1巻発売時から気になっている作品。2巻発売して、ますます悩み中…売り上げは好調です♪

全2件中 1 - 2件を表示

ライラと死にたがりの獣 (1) (角川コミックス・エース)のその他の作品

斉田えじわの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ライラと死にたがりの獣 (1) (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする