小説 創業社長死す (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.91
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054819

作品紹介・あらすじ

東邦食品工業の創業者で相談役の小林貢太郎が急死した。絶大な権力とカリスマ性で会社を掌握していた小林の死に、社内は大きく揺れ動く。大株主でもある未亡人・晶子の支持を得た社長の筒井は、周囲を蹴落としワンマン体制を築きあげていくのだが……。大手食品メーカーの創業経営者の突然の死と後継者争いを描き、今日、多くの企業が直面する経営承継問題の本質に鋭く切り込んだ、著者渾身のビジネス小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんだろうこの新聞小説みたいな唐突さ、適当さ。創業社長の死まですごく丁寧に主人公との交流を描いていると思いきや、創業社長はいきなり死ぬし、徐々にというのでなく唐突に先見の明がなくなるし、さっぱり展開についていけない。小説というものが自然と人物の内面に分け入りがちであることを思えば、革命的とさえ思えるほど事実の列挙に徹する文体、ある意味クール。
    主人公が公認会計士だと最後の最後にはんめいするあたり、ちょっと手を抜きすぎだと思う。

  • 出先で本を読み終わってしまったため、最寄りの書店(三省堂さん)の新刊コーナーの目立つところに並んでいたこの本を買ってみた。
    最近この本のタイトルに近い出来事が身近にあったので気になったってのもある。

    久しぶりの高杉良さん。そして最近読んでなかった経済小説、企業小説。サクサク読めるしまあまあ面白かったんだけど、なんか登場人物があまりにステレオタイプっぽくてリアリティが感じられなかったなぁ。
    過去にも同じ企業をモデルにした作品があったみたいなので、それは読んでみたいかも。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1939年東京生まれ。化学業界専門紙の記者、編集長を経て、1975年『虚構の城』でデビュー。以後、綿密な取材に裏打ちされたリアリティに富む経済小説を次々に発表。企業組織の不条理と戦うミドルの姿を描いた作品は、日本中のビジネスマンより絶大な支持を得ている。他の作品に『金融腐食列島』『乱気流 小説・巨大経済新聞』『管理職の本分』『破戒者たち 小説・新銀行崩壊』、などがある。

「2018年 『銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小説 創業社長死す (角川文庫)のその他の作品

高杉良の作品

ツイートする