深海カフェ 海底二万哩 3 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.78
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054857

作品紹介・あらすじ

サンシャイン水族館のミズクラゲの回廊のそばにある扉を開くと、そこは“深海カフェ 海底二万哩”という不思議な空間。そっと入り込んだ僕、来栖倫太郎をいつものように深海(ふかみ)とその執事でメンダコのセバスチャンが歓迎してくれる。今日の客は、八景島シーパラダイスに繋がった入り口からやってきたと思われる女性、真帆。誰にでも意見を合わせ、自分では何も決められない彼女はなぜそうなってしまったのか、それを探りに深海たちは真帆と一緒に彼女の“心の海”に潜ってみる。(「クダクラゲシュークリームサワー」)。他に、誰かの宝物を呑み込んでしまったようだ、というデメニギスの相談を受ける(「デメニギスゼリーケーキ」)。うっかりセバスチャン共々、カフェ店内から“心の海”に落っこちてしまった倫太郎が出会ったのは?(「シーフードサンドイッチ」)。日本最古の水族館を調べて、葛西臨海水族園で出会ったのは、「幽落町」にでてくるアノ人だった!(ブレイクタイム アクアミュージアムヒストリー)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • デメニギスの話はちょっと寂しい。
    彼の力となって今後は生きていくのか。
    セバスチャンの正体分かる。
    やっぱり深海凄い・・。

    ちょっと気になったのは多分深海はクトゥルフ神話あたりの神様だったんだと思うんだけ
    どその時代に"システム"なんて単語あるのかなーって・・。

    ブレイクタイムに幽楽町の朱詩さん出てきて興奮した。
    さらに次回作の話もチラッと出てきてさらに興奮。
    最高でした

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

蒼月海里(あおつき かいり)
宮城県仙台市で生まれ、千葉県で育つ。日本大学理工学部卒業、元書店員。『幽落町おばけ駄菓子屋』でデビューし、以降シリーズ化された。そのほかの代表作に、『幻想古書店で珈琲を』『深海カフェ海底二万哩』『夜と会う。』などがある。

「2018年 『華舞鬼町おばけ写真館 灯り無し蕎麦とさくさく最中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深海カフェ 海底二万哩 3 (角川文庫)のその他の作品

蒼月海里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする