泥棒役者 (角川文庫)

著者 :
制作 : 西田 征史 
  • KADOKAWA
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054949

作品紹介・あらすじ

かつて鍵開けの名人だったはじめは、泥棒から足を洗い小さな町工場で働いていた。しかし出所した先輩泥棒の畠山に脅され、泣く泣く盗みを手伝わされることに。忍び込んだ先は絵本作家の豪邸だった。嫌々ながらもふたりで金品を物色していると、不意に何者かが玄関に入ってきた。はじめは自分が家主であると嘘をつき必死に演じるが、今度は“本物の”家主である絵本作家がリビングに現れ・・・・・・。曲者たちの騙し合いの結末は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数年前からマイブームの作家・三羽省吾がノベライズに手を出してしまうなんて。いえ、決してノベライズを低く見るつもりはないのですが(見てる!?)、やはりオリジナル作品で勝負してほしいなぁと、テンションもハードルも下げ気味で読み始める。映画版のキャストも併記します。

    町工場で働く青年・はじめ(丸山隆平)には、少年刑務所に入っていた過去がある。それを承知で雇ってくれた工場長に感謝してもしきれない。しかもこの就職が縁で、近所の弁当屋に勤める美沙(高畑充希)と交際を始め、今は同棲中。彼女の誕生日、待ち合わせ場所へいそいそと出かけるはじめの前に、かつての不良仲間・則男(宮川大輔)が現れる。過去のことを美沙にバラされたくなければ、泥棒に入るのを手伝えと。仕方なく向かったのは、人気絵本作家・俊太郎(市村正親)の邸。留守宅のはずが、金品を物色中に奥の部屋から俊太郎が登場。編集者と勘違いされたのをいいことに嘘をつくと、しばらくして本物の編集者・江里子(石橋杏奈)がやってくる。さらには訪問販売員・良介(ユースケ・サンタマリア)が。嘘に嘘を重ねるはじめはこの場を切り抜けられるのか。

    著者のオリジナル作品のような読み応えはないけれど、この映画ならごっつ面白そうな気はします。ハードルを下げていたせいか、そこそこ笑ってしんみりも。共演陣も楽しそうで、来週公開の映画への期待が膨らみました。

    映画の感想はこちら→https://blog.goo.ne.jp/minoes3128/e/925535b6a04e36076d5989d642134bc7

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1969年、岡山県生まれ。2002年『太陽がイッパイいっぱい』で第8回小説新潮長編新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『イレギュラー』『厭世フレーバー』『タチコギ』『公園で逢いましょう』『JUNK』などがある。

「2017年 『泥棒役者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

泥棒役者 (角川文庫)のその他の作品

泥棒役者 (角川文庫) Kindle版 泥棒役者 (角川文庫) 三羽省吾

三羽省吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする