Burn.-バーン- (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.65
  • (2)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055069

作品紹介・あらすじ

天才子役から演出家に転身したレイジは授賞式帰りの事故により抜け落ちていた20年前の記憶が蘇る。渋谷の街で孤独な少年を救ってくれた不思議な大人との出逢いと別れ、彼らとの過去に隠された真実とは―

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元天才子役、現在は人気舞台演出家として活躍するレイジは、子役時代の20年前の記憶の一部がない。妊娠中の妻と同乗していた車の事故をきっかけに、懐かしい人物と再会、そして封印されていた20年前の記憶が次第に蘇える。

    クールで孤独だった子役時代、偶然知り合ったホームレスの徳さんと、ドラァグクイーンのローズとの疑似家族のような関係の中で、それまでは役をインストールする機械のようだった空っぽのレイジが血の通った少年らしさを取り戻していく過程が、ベタだけど良かった。20年前と現在をいったりきたりしながら、最終的にレイジという人間が再生する前向きな終わり方も良いですね。

    最初の一行と最後の一行が同じセリフというのはオシャレだけどなんか気恥ずかしい(笑)うまくいえないけど、背伸びして技巧をこらした部分を見つけると、頑張ってるな、ってニヤニヤしちゃう。デビュー作からここまでの3作、作者にとってホームであるところの芸能界を舞台に選んだのは、嘘がないなと感じられるから正解だったと思う。作品自体のエンターテイメント性はどんどん増してるし、映像化むきかも。

  • 2018.3.7

    やはり彼の作品は好きだなぁと思う。
    言葉がわかりやすいし、何より登場人物の葛藤に言葉が尽くしてあって良い。あと、いつも思うけど、登場人物が魅力的。

    ホームレスの徳さんと、ドラッククイーンのローズ。
    末期癌患者と生命の誕生。

    それが、演出家である彼と、天才子役であった彼を通して書かれていて、人生の平凡な一瞬が、輝いて見えた

  • 空いた時間に何気なく手に取りました。
    レイジ君にとっての徳さんのように、子供の頃に身近にこういう存在がいるのは素敵なことだなぁと思います。なかなかこうは生きられない。登場人物のキャラクターが際立っていて、面白かったです。

  • 人としての優しさって絶対に物語にでると思うから
    きっと著者はステキな人なんだろうなって思う。

  • 最近文庫を買っても先延ばしになり、ようやく夏休みだし、ゆったりどっぷりあっちの世界に浸ろう、と心に決めたものの。
    手にとって読み始めたのは、長編ファンタジーでも、大作歴史小説でもない、彼の3作目。
    色眼鏡なしで割りと好きなので、あらすじ見ずに購入したのだけど、腰落ち着けて読む感じでもないかな。と思いつつ、泣きそうになる目頭を押さえながら、カフェでじっくり読み終えてしまった。
    レイジの20年前の記憶の甦りと現代とのマッチがいいように絡んでて。
    ドラマで観てみたいなと思った。

  • 解説に書いてあることが全てすぎる。
    子どもから大人になること。
    大人から親になること。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。2012年1月、『ピンクとグレー』で作家デビュー。同作は16年に映画化され、大ヒットした。以降『閃光スクランブル』『Burn.-バーン-』(以上、渋谷サーガ3部作)と年1作のペースで執筆を続ける。最新刊は『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』。NEWSのメンバーとして芸能界でも活躍の場を広げ、近年はドラマやバラエティ、情報番組などに出演し、アイドルと作家の両立が話題を呼んでいる。

「2018年 『傘をもたない蟻たちは』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤シゲアキの作品

Burn.-バーン- (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする