多摩川のミーコ (角川文庫)

制作 : 深谷 かほる 
  • KADOKAWA
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055243

作品紹介・あらすじ

星も見えない真っ暗な夜。子ねこのぼくは、人間に捨てられた。ごうごうと低くうなる、恐ろしい音がする闇の中、温かく抱き上げてくれたのは、ほこりと汗の匂いのする一人の男性だった……。

多摩川の河川敷で、ホームレスの”おっちゃん”に拾われた捨て猫のミーコは、同じくおっちゃんに拾われた白ねこのたまさんと、一人と二匹で暮らし始める。厳しくも温かい日々の中、良い人間も、悪い人間もいることを学び、少しずつ人との絆を深めていくミーコ。成長するにつれ、おっちゃんやたまさん、自分の家族を守ろうと考え始めるようになる。しかしその矢先、大型台風が河川敷を襲って……。「おっちゃんの大事なねこ」になるために、ミーコが選んだ決断とは……?

2007年に関東を襲った大型台風「台風9号」。その裏で起きた、温かくも悲しい感動の実話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (´;ω;`)…ブワッ

    人間の勝手な都合で捨てられてしまう動物たちが、どうか減りますように。

    興味本位や八つ当たりなどで、動物たちを虐げたり、暴力をふるったりする人間が、どうかいなくなりますように。

    動物たちに優しくできる人間が、どうかたくさんたくさん増えますように。

    そう願わずにはいられません。

  • 多摩川に捨てられた仔猫のものがたり。書店で見かけて、深谷かほるさんの表紙に惹かれ衝動買い。読み始めて気付いたんだけど、これ児童書で出版されたお話なんですね。実話を元に書かれていて、あとがきにはモデルとなったミーコの写真も載っています。
    捨てられた犬や猫たちがどんな環境で生きているのか、人間のやさしさと、身勝手さ、残酷さも猫視点で描かれてます。我が家にも猫(保護猫)がいるので、改めて動物と暮らすことの責任を感じました。少しでも身勝手な理由で簡単に動物を手放す人がいなくなればいいのに。

  • 多摩川に捨てられた子猫のお話。

    色々考えさせられる物語です。
    猫も人も、ただ普通に生きて
    幸せに暮らしたいだけなんだけどね。

    いつか、娘にも読んでもらいたいな。

  • 表紙は、夜廻猫の深谷かほるさんです。

全4件中 1 - 4件を表示

多摩川のミーコ (角川文庫)のその他の作品

多摩川のミーコ (角川文庫) Kindle版 多摩川のミーコ (角川文庫) なりゆきわかこ

なりゆきわかこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
宮下 奈都
恩田 陸
森見 登美彦
佐々木 圭一
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

多摩川のミーコ (角川文庫)はこんな本です

ツイートする