魔法少女リリカルなのはViVid (18) (角川コミックス・エース)

著者 : 藤真拓哉
制作 : 都築 真紀 
  • KADOKAWA (2017年4月24日発売)
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 52人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055359

作品紹介

「もう一度……ライバルとして戦ってみたいんです」ついに幕を開けたミウラとヴィヴィオのエキシビジョンマッチ――。開始直後に仕掛けるミウラ、フリッカースタイルで幻惑しつつ、カウンターを狙うヴィヴィオ。なのはやフェイト、はやてたちだけでなく、イクスやアイリンも見守るなか、二人の再戦の行方は――!?

魔法少女リリカルなのはViVid (18) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生同士の本気の殴り合い・・・のハズなんだけど、ヴィヴィオが大人バージョンだから何というか子供に殴られる大人に見えてしまう。
    二人ともピッチリタイツとピッチリスパッツだからパンチラ分が不足気味。
    結局ジークだけしか確認できなかった。

    ヴィヴィオが勝利することは話の都合上確定していると理解してはいたものの(流石に母娘対決を実現させるだろう)、なんだろう、勝敗が決して二人のやり取りを見てて少しうるってきた。
    正直、ヴィヴィオの最近の格闘技に対する直向きさは引いちゃうんだけど、向いてないと明言されているところを技術と努力で必至に食らいついて師匠の作戦を信じ切っての勝利ってのがもうね、良いよね。
    下手に機転や才能で何とかしちゃわない描き方が素敵だと思う。

  • 今後の話の展開考えて,まぁヴィヴィオが勝つんが順当だわな.ミウラ最後の星凄刃(凄で「おう」って読めるん?)放った時にヴィヴィオが避けるシーン,もう少し上手いこと描けてたらなぁ残念だ.次回「ヴィヴィオ vs 白い悪魔」

  • ヴィヴィオとミウラのエキジビションマッチ、激しい接戦の末に決着。
    そして、その試合中には…
    このタイミングなのか。

全3件中 1 - 3件を表示

魔法少女リリカルなのはViVid (18) (角川コミックス・エース)のその他の作品

藤真拓哉の作品

ツイートする