ヒメの惰飯 (3) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055397

作品紹介・あらすじ

かつてはオタサーの姫として輝いていたけれど、アラサーになった今はズボラで堕落した毎日を過ごす姫川さん(27)。
相も変わらず日々の“惰飯”を喰らう事だけを楽しみに過ごす彼女に、ハロウィンやクリスマスなどリア充的なイベントは縁があるはずもない!
…はずだったのに、まさかまさかの出会いの予感が!?
共感者続出な残念グルメコメディ、シメまで美味しくお楽しみあれ☆

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あれ、完結? ヒメも取引先の人にお食事に誘われたりするので、いいところもあるはずなんだけどな。なにせ残念様。最終話、何があったの?と思ったら、通常運転だった。豚まん食べたくなった。

  • まあ。

  • 終わりかい。孤独のグルメブーム後の有象無象のグルメ漫画の中ではわりと好きだったのに。

全3件中 1 - 3件を表示

ヒメの惰飯 (3) (角川コミックス・エース)のその他の作品

二階堂幸の作品

ツイートする