けものみち (2) (角川コミックス・エース)

制作 : 暁 なつめ 
  • KADOKAWA (2017年10月26日発売)
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055496

作品紹介

花子が犯人ではないと考えた源蔵はドラゴンのにおいのするという真犯人を探すため、プロレスラー・ケモナーマスクの正装で現場に向かったのだが、自らが不審者として追われるハメになってしまい…。

けものみち (2) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 花子との出会い編。
    カーミラだけパンツ OK なんだよなぁ。

    花子はホントに何でも食べるんだな。
    手紙も食べてるし。
    ガッちゃんかよ。
    っていうか、あんな世界の牛肉を生食すると流石にお腹痛くなりそう。
    (ところで「おなかいたく」が「オナ開拓」に変換されてビックリしたよ・・・。)

    源蔵は、もふもふじゃなくてウロコでも良いのだよね。
    尻尾はともかく腹がウロコでも良いのか。
    節操がない。
    なのに何故に人の肌には萌えないのか。

    セリスの腋!
    でも自分はリザードマン腹には萌えないから、なんか微妙な気分。
    何処から何処までウロコなんだろう?
    乳は?乳にもウロコを纏ってるんだろうか?
    そして下は?オシリまでウロコだったりすると、拭くときにウロコの隙間に入り込んでタイヘンだと思うのだけど。
    っていうかリザードマンって爬虫類(つまり卵)っぽいけどどうやって血が混ざったのだろうか?

全1件中 1 - 1件を表示

けものみち (2) (角川コミックス・エース)のその他の作品

まったくモー助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

けものみち (2) (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする