黒猫王子の喫茶店 お客様は猫様です (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.55
  • (5)
  • (5)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055786

作品紹介・あらすじ

就職難にあえぐ崖っぷち女子の胡桃。やっと見つけた職場は美しい西欧風の喫茶店だった。店長はなぜか着物姿の青年。不機嫌そうな美貌に見た目通りの口の悪さ。問題は彼が猫であること!? いわく、猫は人の姿になることができ、彼らを相手に店を始めるという。胡桃の頭は痛い。だが猫はとても心優しい生き物で。胡桃は猫の揉め事に関わっては、毎度お人好しぶりを発揮することに。小江戸川越、猫町事件帖始まります!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明るいコメディタッチで可愛らしい。猫とイケメン好きには嬉しい展開。
    それでもあくまで猫なのが良いです。

  • 失業中のアラサー女子 胡桃と、人間に化けることの出来る猫たちの話。

    かなりライトなファンタジーという印象だけど、黒猫ポウがたまに発する鋭い一言にドキッとする。

    王子様キャラの黒猫に、癒し系三毛猫、プライドの高いロシアンブルーと、猫好きにはたまらないキャラ揃い。
    どんどん居候が増えていく喫茶「くろき」の今後が少し気になる。

  • 2018.5.21 読了


    リストラされ、必死で就活するも 全然 決まらず
    いよいよ 雇用保険も切れ アパートも追い出されそうな
    ギリギリの状態の胡桃(くるみ)。

    雨の中 溺れそうになっている1匹のネコを
    助けたことから、立ち寄った喫茶店で働けることになる。

    なぜか猫の集まる喫茶店。
    ある秘密が。。。


    あまりにも突拍子もなさすぎて、
    私的には ちょっと話に入り込みにくかった。。。

    掛け合いや その状況を想像したら面白くて、
    吹き出しそうな面々はあるんだけど、
    物語の世界に入り込めない自分が 最後までいた。



  • リストラされて生活に困った胡桃は、ネコを助けたことから喫茶店で働くことに。しかしそこのイケメン店長は実は猫で…という猫好き、イケメン好きのドリームのような話。色々なタイプの猫が出てくるのが楽しい。

  • 控えめに言ってとても面白かった!
    猫飼ってる人ならさらに楽しめるかも♡
    アニメ化してほしいw

  • ひとつひとつの文が随所で短く、読む際のテンポを掴むまでがちょっと大変でした。文章の癖に慣れ、登場人(猫?)物の関係が一歩進んだ良いところで終わってしまい、良い意味での物足りなさが。続編がとても気になるのできっと明日には買ってしまうことでしょう。胡桃ちゃんの心理描写がもう少しあると話に入り込みやすくてよかったかな。

  • リストラされたアラサー女子と、不思議な猫たちの設定は、おもしろかったです。

    ライトノベルで、さらっと読み終わりました。

  • 黒猫王子、性格がとんでもすぎる(笑)
    しかも、人間に変身した時はマッパとか(笑)
    お客は猫ばっかりで、みんなイケメンってのはうらやまし。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1972年、千葉県生まれ。2010年『もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ』でデビュー、一躍人気に。「オサキ」シリーズのほかに「ぽんぽこ もののけ江戸語り」「ぽんぽこ もののけ陰陽師語り」「神田もののけ人情語り」シリーズなど。

「2018年 『黒猫王子の喫茶店 猫も歩けば誘拐される』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒猫王子の喫茶店 お客様は猫様です (角川文庫)のその他の作品

高橋由太の作品

ツイートする