信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控 (角川文庫)

著者 : 鈴木英治
  • KADOKAWA (2017年4月25日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041056165

作品紹介・あらすじ

駿州沼里の江戸留守居役・深貝文太郎は、相役の高足惣左衛門が殺人事件の下手人として捕えられたことに疑問を抱いていた。奴は人を殺すような男ではない。惣左衛門の無実を証明するため、文太郎は奮闘する。

信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あー、伏線はあったものの、やっぱり酷い結末でしたね。

  • 新シリーズ第一弾
    駿州沼里藩の留守居役深貝文太郎は相役の殺人の科を晴らすため、持ち前の粘り強さで探索へ
    奉行の内与力の犯行を確信し、罠を仕掛け解決に
    しかし謎の言葉を残し、その結果かどうかは不明のまま愛妻が

  • 2017年4月角川文庫刊。書下ろし。シリーズ1作目。地味な探索のお話だが、興味深く面白い。次作も楽しみ。

全3件中 1 - 3件を表示

信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控 (角川文庫)のその他の作品

鈴木英治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控 (角川文庫)はこんな本です

信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする