バイオハザード ヴェンデッタ (角川ホラー文庫)

著者 : 深見真
  • KADOKAWA (2017年5月25日発売)
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 16人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041056189

作品紹介

世界的大ヒットゲームの最新フルCG映画「バイオハザード :ヴェンデッタ」を、同映画脚本の深見真が自ら完全ノベライズ!血塗られた復讐劇の行方をスピード感溢れる文体で描き出す。

バイオハザード ヴェンデッタ (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【映画】
    清水崇監督によるバイオハザード。
    ファーストを思い出させる構図が多く、懐かしいと思う反面、ゾンビ登場の驚かせ方は呪怨。
    そしてゾンビの速度が伽椰子並に早い。

    教授になったレベッカを愛でる為の映画といっても過言ではないヴェンデッタ。
    キャラメルマキアートチョコチップ入りホイップ追加。
    見た目ホットっぽいけど、チョコチップ入れたら溶けるだけだからチョコソースじゃ...。
    それともアイスだったのか?
    それにしてもポスドクの「教授それはもはやデザートです」とのツッコミは秀逸すぎる。

    レオンとクリスのバトルシーンはスピード感ありすぎてどう動いているのかわからないレベル。
    プロレス技を繰り出すクリスはまだしも、ハンドガン主体にヘッドショットを繰り出すレオンカッコイイ。
    バイクを利用したガンアクションもカッコイイ!
    とにかくレオンがカッコイイ!

    ただ今はキャラメルマキアート飲みたい。

  • 映画がとても好みの作品だったので小説版を購入。映画では語られなかった登場人物の細かな描写や心境が書かれていて良かったです。
    アクションシーンもテンポ良く、サクサクと読み進めることができました。
    カプコンのスター俳優、クリス・レッドフィールドと、レオン・S・ケネディのかっこよさに痺れたい人におすすめ。

全2件中 1 - 2件を表示

バイオハザード ヴェンデッタ (角川ホラー文庫)のその他の作品

深見真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする