少年陰陽師 現代編・近くば寄って目にも見よ (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 伊東 七つ生 
  • KADOKAWA
3.77
  • (5)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041056271

作品紹介・あらすじ

時は現代。安倍晴明とその孫たちと同じ名と性質を持ち、十二神将を供にして陰陽師を生業とする者たちがいた。
今も都に棲む妖たちが遭遇した、安倍晴明を名乗る禍つものの正体とは?(「久方ぶりの再会」)
夢に立った高淤の神に会うため、紅蓮を伴って東京を発った昌浩の京都めぐりの顛末(「遠からんものは音に聞け」)など、
これまで特別企画でしか読めなかった“パラレル現代版”が再録&大量書き下ろしとともに一冊に!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか平安編がどろどろぐちゃぐちゃ悲しい感じだから、よかったねぇよかったねぇと涙が出るよ
    みんな生きてて寿命も削らず、平和に暮らしてて嬉しい

  • 変わるモノ、変わらないモノ、お祭り騒ぎ!

    懐かしさに駆られて購入。少年陰陽師の現代編ということで、昌浩たち人の子は生まれ変わりとかではなく、良く似ているけれども別の者というスタンス。でも神様や神将、物の怪たちはあの頃から変わらず。ちょっと現代っ子な昌浩や比古がわいわいやっているのが楽しい。相変わらずの神将たちも。「凶悪すぎる桃パフェ」を食べたいためにお願いしまくる太陰とか、何気に物の怪や篁に振り回されている苦労性の紅蓮とか。ちょっとした京都観光案内になっているのもミソ。錦天満宮を確認したくなってきた。

    平安編は長すぎて脱落してしまった私ですが、もう一度チャレンジしてみようかな、と思いつつ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計550万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師・安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

「2018年 『吉祥寺よろず怪事請負処 さまよいの街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

少年陰陽師 現代編・近くば寄って目にも見よ (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする