妖狐とワケあり駆け落ち中!? (角川ルビー文庫)

  • 20人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (2)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 松雪奈々
制作 : 兼守 美行 
  • KADOKAWA (2017年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041056646

作品紹介

片田舎で過ごす小説家の遥人には、綺麗で優秀な妖狐の藜という幼馴染みがいる。その藜の頼みで、意に沿わぬ結婚を破談にするため、恋人の振りをすることになった遥人。しかし、藜の父親である妖狐の長に当然反対されて、成り行きで駆け落ちをすることに!? 追っ手をまくために烏天狗の村、妖兎の村などを転々とするが、行く先々で体を狙われ遥人は大混乱。しかも、追いかけてきた爺やに「本当に恋仲ならば目の前で抱き合ってみろ」と人前でのHを迫られて…!? ケモ耳ラブ!

妖狐とワケあり駆け落ち中!? (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 積本崩し。受が中学生の頃に出会った幼馴染みの妖狐・藜×小説家・遥人。意に沿わない結婚を辞めさせるために恋人のフリをしてもらいたいと頼まれた遥人… うーん、楽しくは読めたんですがちょっと内容が薄いかな。妖兎はやっぱり鼻血出して倒れるのね〜と某シリーズを思い出し笑ったけど(笑) それと比べてしまうとどうしても薄くて印象に残らない主人公たちだった。

  • 違うレーベルだからかな、後書きになかったけどこれあちらの世界だよね。キツネうどんやタヌキそばの発想は通常運転で面白かったけど、相愛になるの引っ張ったから呆気ない幕引きだった。もしかして続編あり?

  • うーーーん。

    妖狐×作家
    妖兔=ウサギの王国の人たち?
    異世界ワープ、人間モテモテ、言葉遊び、展開も二番煎じ…。
    しかも最後の方、受けの気持ちがコロコロ変わるのには正直…うーん

  • ★3.7
    至って平凡で地味な人間の遥人が、妖魔界ではモテモテ設定だとか、その時の相手側の反応だとかが某うさぎ国シリーズとめっちゃ似てる!世界観繋がってるんじゃ??と思ったり。松雪さんのこういうぶっ飛んでる設定の話好きなので楽しかった。二人のその後の話も読んでみたいな〜。使役の小丸と中丸が可愛くて癒された〜イラストもめっちゃかわいい!

全4件中 1 - 4件を表示

妖狐とワケあり駆け落ち中!? (角川ルビー文庫)のその他の作品

松雪奈々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印

妖狐とワケあり駆け落ち中!? (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする