魔人の箱庭 ~囚われの淫花~ (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : サマミヤ アカザ 
  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041056851

作品紹介・あらすじ

残忍と恐れられている魔人・ハディールに命を救われたロロは、彼に想いを寄せていた。触手樹に犯されそうになったことがきっかけでハディールと結ばれたロロだったが、神父にハディールとの仲を知られてしまい…

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 年上攻 人外 健気受 すれ違い 魔人(攻)

  • エロが多いと読むのが面倒になっちゃうタイプの私には辛いくらい盛りだくさんでした!
    あとロロが途中から可哀想で読んでてて辛かった。ストーリー的には木彫りの猫達もラストも好きなんですが、性的に可哀想なのが無理なので冒頭から、えっ!?っとなりました。

  • メランの泣いている挿絵辺りから感動した。良かった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2014年デビュー。「溺愛竜神と輪廻の恋」執筆。

「2018年 『竜公爵と癒しの花嫁』 で使われていた紹介文から引用しています。」

魔人の箱庭 ~囚われの淫花~ (角川ルビー文庫)のその他の作品

かわい恋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする