暗闇のアリア

  • 123人登録
  • 3.12評価
    • (2)
    • (10)
    • (32)
    • (8)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 真保裕一
  • KADOKAWA (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041057001

作品紹介

相次ぐ自殺の謎
警察庁に作られた特命捜査班
夫は何をしていたのか……

真相はどこにある? 一気読み間違いなしのノンストップ・エンターテインメント

===
夫は自殺ではない、殺されたのだ。

警察から連絡を受けて、富川真佐子は呆然となる。自殺の状況は完璧にそろっていた。でも、絶対に違う。夫は死を選べるような人ではない。この自殺の背後には、きっと何かある――。真相を探る孤独な闘いが始まった。
警察庁では、真佐子から相談を受けた元刑事の井岡が、内密に過去の事件を調査していく。次々と明らかになる不可解な自殺……。もし、自殺大国と言われる日本で、多くの「偽装された死」があるとしたら?
ついに二人は謎の鍵を握る男の存在にたどりつく。が、彼はすでに異国の地で死んでいた!?

闇にうごめく暗殺者は、なぜ生まれたのか?
国際的スケールで展開する極上エンターテインメント!

暗闇のアリアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 警察から夫が自殺したとの連絡を受けるも、納得がいかない妻の富川真佐子。状況は完全に自殺を示すも、わずかな手掛かりを基に独自に調査を開始する。一方、真佐子から相談を受けた刑事の井岡らは、内密に検証を始める。すると、似たような状況で自殺とされた案件が次々と・・・
    次から次と出てくる登場人物が自殺自殺では。。。人間関係の関わりや、何故に死ななければならなかったかを思い出すのに苦労したところも。復讐であればターゲットをもっと明確にしてほしかったが、ビジネスとして請け負うのもありかなと。

  • うーん、あまりテンポよくは読めなかった。
    冒頭は、まずまずだったはずなのに、なんだか話が大きくなって、色んな立場は入り組んで、理解が追いついていかなかった。警察官(刑事)チームは、エリート君も含めて好きだったのだけど。
    自殺と見せかけて殺す殺し屋というのはわかるのだけど、ずいぶん殺さなくてもいい人も殺しているように感じたし、歌っていた歌がなんだったの?
    後味も悪くて残念。
    『ホワイトアウト』の映画化をきっかけに読み始めたのだけど、私には今でも『ホワイトアウト』が1番みたい。

  • 最後まで結末が分からずハラハラして読み終えた。
    こんな小説は久しぶりでワクワクした。

  • 実際に疑わしい自殺はたくさんありそう

  • 面白かったが、ちょっと難しいかな?

    プロローグで、内線の様子が描かれ、次の章からは官僚の自殺の真相、から連続殺人へ。

    言い回しがわかりづらい文章になってると思う。

  • 風呂敷広げすぎて回収しきれていないどころかそもそもそんな大風呂敷広げなくてもハンカチくらいで良かったんじゃ...みたいなそこはかとない残念感...途中までは面白く読み進められただけに。

  • 年内に読み終わるかと思ったら、意外にかかってしまいました。

    外交官が主人公なのかと冒頭では思ったものの、話は、夫である経産省の官僚が自殺した事に納得がいかないジャーナリストの妻が真実を探す、というところから。

    相談を持ちかけられた窓際刑事も真実に近づいて行き…

    最初ごろは、ぐんぐん読み進めていたのですが、どんどん話が大きくなって、時々戻って読まないと分からなくなってしまう感じでした。

    ラストは、彼の目的はそこだったのか、と。
    あと、少し意味がわからないところも残ってしまったのですが、まぁ…いいかな、と読み返すのは止めておきました。

  • ちょっと無理が…

  • 経産省のエリート役人が自殺をした。不正を働いた末の自殺と言われたが、冷え切った仲であった妻の雑誌記者はその死を疑問に思い、強引な取材をはじめる。
    妻が自殺をしたことにより腫物となって閑職に追いやられていた刑事も巻き込まれ、やがてアフリカの小国までもが関わる巨大な闇の存在が明らかになる・・・。

    かなり荒唐無稽な話だな、と読み終えてから感じた。
    フィクションなのだからそれまでと言ってしまえばそうなのだけれど、全体的に物語の展開が唐突な感じが否めない。

  • ストーリーにスピード感がありエンターテイメント性充分の作品

全27件中 1 - 10件を表示

真保裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

暗闇のアリアはこんな本です

暗闇のアリアを本棚に登録しているひと

ツイートする