伊豆の踊子 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (18)
  • (36)
  • (70)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 568
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041057025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女性の所作の美しさと、植物的儚さがある。

    『青い海黒い海』は名作。『伊豆の踊子』よりも好き。むしろ個人的には川端文学の魅力は慕情だとか旅情、抒情ではなく、人間の健康的なエロスや艶めかしさをさらりと述べた文章であると思うのであるから、『父母』の慶子さんの描写とか、とても良いのである。

    なに言ってるんだと思われるだろうナ。

    ファッション的に、まだ肌を隠していた時代の小説というのは、膜一枚分の奥ゆかしいエロスがあると、わたしは思うワケです。

  • ちょっと前に初めて読んだ川端作品、『雪国』がすごく良かったので『伊豆の踊り子』も読みたいと思って手に取りました。
    が…今回はそこまで夢中になれなかったかな。
    「私」も「踊り子」もお互い淡い恋心を抱いているのだろうけど、最後まで距離は縮まらない。
    それがこの物語の良さ。
    でも何だかモヤモヤするなと 笑
    ただ、やはり文章の美しさは随一ですね!
    『雪国』の時も思いましたが、生々しい描写がないにも関わらず、そこはかとなくエロスを感じさせるのはさすがだなと。
    他の話では『驢馬に乗る妻』『二十歳』が印象的でした。

  • 『伊豆の踊子』
     旅先で出会った踊り子に心惹かれ、ふれあいの中で心が洗われていくお話。主人公が伊豆を訪れた理由について、「二十歳の私は自分の性質が孤児根性で歪んでいると厳しい反省を重ね、その息苦しい憂鬱に堪え切れないで伊豆の旅に出て来ているのだった。」と述べている。川端自身の出生が作品に大いに影響していることは、言うまでもないだろう。
     有名な作品だけど、こんなに短かったとは。サックリ読めた。

    『青い海黒い海』
     なんと奔放な作品か。全てが漠然としたイメージで成り立っている。それぞれが何の比喩なのかまったく理解できないけれど、作者の死生観、そして触れたことのない母を求めているんだろうなあと。

    『驢馬に乗る妻』
     元恋人の妹と結婚した男。その結婚生活は、元恋人の犠牲の上に成り立っているのだろうか。この男情緒大丈夫か?と思ってしまう。最後の妻を驢馬に乗せるシーンが、何を表現しているのかわからない。川端の作品は肝心なところを書ききらない。

    『禽獣』
    「夫婦となり、親子兄弟となれば、つまらん相手でも、そうたやすく絆は断ち難く、あきらめて共に暮らさねばならない。おまけに人それぞれの我というやつを持っている。
     それよりも、動物の生命や生態をおもちゃにして、一つの理想の鋳型を目標と定め、人工的に、畸形的に育てている方が、悲しい純潔であり、神のような爽かさがあると思うのだ。良種へ良種へと狂奔する、動物虐待的な愛護者たちを、彼のこの天地の、また人間の悲劇的な象徴として、霊障を浴びせながら許している。」
     悲しいなあ。

    『慰霊歌』
     鈴子を霊媒に、呼び寄せた花子の美しい霊。これも母体への渇望が現れた作品なのかな。うーん、解釈が難しい。

    『二十歳』
     これは唯一わかりやすい作品だった。継母の意地悪、実母の死に接し、坂道を転がるように堕ちてゆく人生。
    「彼のなかの女性的なものが、彼を女になれなれしく、女をさげすませつつ、しかも、この世に女がいる限り、自分はいつか立派な人間になれるというような、安らかな夢を、どこかに持たせているのだった。」
     ねじれてるなあ。しかしあんな最後ったらないよ。

    『むすめごころ』
     咲子健気かよ涙。大好きな人同士が結婚したら嬉しい、けどどこかで嫉妬を感じてしまう。心の機微がなんともすばらしく描かれている。

    『父母』
     旧友に宛てた手紙。内容は、「お前が生き別れた娘と軽井沢でテニスに興じているが、特別な関係になってしまったわ!」これは実父にとっては堪らない話だが、真偽のほどは・・・?

     全体的に解釈が難しいけれど、各作品に残る疑問が、作品に深みを与えていることは間違いない。しかし男性作家とは思えないほど少女の心をわかっていらっしゃる。

  • 『雪国』の時にも薄々感じていたが、先生、はたから見ると大分危うい視点なのでは…?
    失礼は重々承知の上での感想だが…
    川端先生は、どこか、自覚なく邪心…というか有り体に言ってエロを書くという勝手な印象がある。
    (ちなみに、谷崎先生はこれ以上ないほど自覚して書いている印象。それも、書いているうちにどんどんテンションが上がってきている感じがするのだ…)
    指摘されたら、「…?」と首をかしげる姿さえ目に浮かびそうで…
    勝手に純愛悲恋ものだと勘違いしていた私も悪いのだけれど…

  • 箱に入っていてかわいらしく、川端康成の文章が好きになる作品が入っていて良いと思いました。(Sato)

  • 男尊女卑、動物の扱い、芸能の地位の低さ等、今の世の中との差が目について感情移入できなかったです。
    自分が無知なばかりに全然理解できなかったのが悔しい。
    それでも「驢馬に乗る妻」は面白かったかな。

  • こんな短いものだったのかと驚いた。

  • 風景描写がすごくきれい。(a.k)

  • 禽獣、二十歳のぶった切り感がすごい。二十歳に至っては「このクズもういい」と著者が主人公を捨てたのではと勘ぐってしまうほど。

  • 「甘い痛み」って言葉が思い浮かんだ。
    幸せな時間があった、という記憶でこれからも生きていける。

    『むすめごころ』、『禽獣』も好き。

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1899年生まれ。1920年東京帝国大学文学部英文学科に入学(のち、国文学科に転科)。1921年第六次『新思潮』を創刊。『伊豆の踊子』や『雪国』などの作品を残す。1961年文化勲章受章。1962年『眠れる美女』で毎日出版文化賞受賞。1968年10月、日本人初となるノーベル文学賞受賞が決定する。1972年没。

「2017年 『山の音』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊豆の踊子 (角川文庫)のその他の作品

伊豆の踊子 (角川文庫) Kindle版 伊豆の踊子 (角川文庫) 川端康成

川端康成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ヘミングウェイ
川端 康成
村上 春樹
三島 由紀夫
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

伊豆の踊子 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする