残りの秋 髪ゆい猫字屋繁盛記 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041057056

作品紹介・あらすじ

身重のおよしが突然、猫字屋に戻ってきたとおもったら、旦那の藤吉が突然店の金を持って失踪したという。およしに惚れ込んでいたはずの藤吉がなぜ?
喜三次は、藤吉を訪ね歩いて、川崎宿まではるばる足を向けたが、そこで意外な内実を知る。
生さぬ仲の子を我が子のように愛おしむ者がいるとおもえば、血の繋がった子どもを捨てる母もいる。
いつの世も変わらぬ人の情を、哀しみと慈しみに満ちた筆で描きだす、シリーズ最終巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 裏表紙に“シリーズ最終巻”と記載ありました。

    「照降町 自身番書役日誌」からの流れで読ませて頂いていた、このシリーズもついに・・・と感慨深いものがあります。
    人情あふれる照降町の住人達の様が、生き生きと描かれていた、良いシリーズだったと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1945年広島県生まれ。成城大学文芸学部卒業後、画廊経営、テレビプロデューサーを経て、執筆活動に入る。2003年「小日向源伍の終わらない夏」で第10回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞受賞。主なシリーズに「立場茶屋おりき」シリーズ、「照降町自身番書役日誌」シリーズなどがある。15年「立場茶屋おりき」シリーズで第四回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。

残りの秋 髪ゆい猫字屋繁盛記 (角川文庫)のその他の作品

今井絵美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
梶 よう子
宮部 みゆき
恩田 陸
藤原 緋沙子
浮穴 みみ
三浦 しをん
冲方 丁
宮部みゆき
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする