西郷の首

著者 : 伊東潤
  • KADOKAWA (2017年9月29日発売)
3.78
  • (8)
  • (8)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :94
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041057193

作品紹介

ひとりは軍人に。ひとりは利通暗殺へ。

西郷の首を発見した男と、大久保利通を暗殺した男。
2人の加賀藩士は、親友同士だった――。

「維新」とは何だったのか?
武士の世の終焉を活写した、ひたすらに熱く切ない本格歴史長篇!

幕府を中心とした開国派と、長州藩を軸とした攘夷派に分かれ、激しい戦いが繰り広げられる幕末。
百万石の雄藩・加賀藩は、中立的立場ながらも、藩内では二派の対立が激化していた。
加賀藩士の島田一郎は尊王攘夷思想に憧れ、親友の千田文次郎は、一郎の情熱に煽られながらも自分を見失わないでいた。
やがて一郎は反政府活動に傾倒し、武装蜂起を企てる。
一方、文次郎は陸軍軍人となって西南戦争に参加し、薩摩軍が隠した西郷隆盛の首を発見する。
それにより不平士族の絶望は頂点に達し、一郎らは大久保利通の暗殺を画策する……。

幕末・明治という激動の時代に翻弄された二人の青年の友情と別離。圧巻の歴史長篇!

「一つの時代が終わったのだ。もう武士の世には戻れぬ」


文芸評論家・縄田一男氏、激賞!

「完敗した。評論家の首を賭けるに足る傑作」 (「本の旅人」2017年10月号書評より)

西郷の首の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西郷隆盛や大久保利通について、歴史が理解出来た。伊東潤氏のストーリーは最後の結末に猛ダッシュするところが良いね。

  • タイトルから西南戦争の話かと思ったら、薩摩藩ではなく加賀藩の話が進む。
    足軽の二人を軸に倒幕から明治維新への時代の激変を描く。
    終盤になってタイトルはそういうことか、と分かったが、うーん、このタイトルにしなくても…と思ってしまった。

    全体的に加賀藩のように報われない人々の怨嗟の叫びが聞こえるような話だった。
    高い理想を掲げての闘いの筈が結局は権力の座を巡っての椅子取りゲームのように見えていく。椅子に座れなかった人々は諦めるのか抵抗するかしかないのか。

    文次郎、一郎、袂を分かった二人が決めた道、どちらが勝ちでどちらが負けというわけではないし、西郷が負けで大久保が勝ちというわけでもなく、それぞれに大義があり抱えるものもあるだろう。
    一つ言えるのは、こうした時代の激変には数多くの人々の苦しみがあるということ。

    伊東さんはこうした歴史の裏を描くのが上手い。

  • 明治維新からの一つの時代の終焉。その中で生きなければならない武士や人間像。そして何故加賀藩出身のこの二人がこんな人生を・・・。

  • これは面白かった。
    西郷の首を見つけた男と大久保を殺した男。
    二人は加賀藩出身で親友だった。

    西南戦争を扱った作品とややリンクしていて、あ、読んだわって思わされる部分も。

  • 好みとしては、幕末モノは基本辛い事しかないので、あまり積極的に読みたくないのだけど、伊東氏の戦国モノをほぼ読んでしまったので「仕方なく」借りたら、これが面白い。タイトルから西郷どんのお話と思いきや、西郷どんの死=侍の時代の終わりを象徴していて、やっぱり幕末モノらしく、溌剌な若者が段々と辛い状況に否応なく追い込まれながら、自らの信念たるものにすがりつくように破滅していくわけだけど、そこを辛いだけにしないところが、伊東氏ならではと言えるのかもしれない。読んだ後に、赤坂見附周辺を散策するのも一興だろう。次は少し時間置いて「走狗」を読んでみるつもり。

  • タイトルの西郷が、後半になるまでなかなか出てこない。
    色々なところで取り上げられる、薩摩や長州以外でも歴史の節目では多くの人がいろいろなことに巻き込まれていたのだろうなという当たり前のことを再認識させられる。
    歴史というのは奥深い。

  • 首。それがあるかないかで、その後が変わる。義経の首。信長の首。西郷の首。首があることで、死が確実なものになる。

    大久保にとどめを刺す前に、一郎が言う。「大久保さんなりの大義があったのだ」と。信念を持って生きたいと思う。

  • 途中で返却

  • 西郷の首の発見が士族の気概を失わせ、真の意味で武士の世が終焉したのだという意味でのタイトルが素晴らしいと思った。伊東潤の本も、加賀藩にまつわる本を読むのも初めてだったが、面白くて一気読み。
    著者の作品をもっと読み込んでゆきたい。

  • ちょっと苦手な歴史物。
    帯に惹かれて読み始めたものの、
    案の定読み終えるのに時間がかかってしまった。

    フィクションとノンフィクションが入り混じっているのか?
    歴史に詳しくない自分にはちょっとわからなかった。

全10件中 1 - 10件を表示

西郷の首のその他の作品

伊東潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

西郷の首はこんな本です

西郷の首を本棚に登録しているひと

ツイートする