サハラの薔薇

著者 : 下村敦史
  • KADOKAWA (2017年12月21日発売)
3.27
  • (1)
  • (8)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • 85人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041057476

作品紹介

エジプトで発掘調査を行う考古学者の峰の乗るフランス行きの飛行機が墜落。機内から脱出するとそこはサハラ砂漠だった。生き残った6名はオアシスを目指して沙漠を進み始めるが、食料や進路をめぐる争いが生じ……。

サハラの薔薇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 考古学者の峰は、エジプト遺跡発掘中にミイラが入った石棺を見つける。これを機に何者かに襲われ、その後パリへと向かう飛行機が砂漠に墜落。命を狙われている日本人永井、妖艶なベリーダンサー、ビジネスマン、盗賊、不気味な呪術師らと共に、徒歩でオアシスを目指すが・・・
    テンポ良く進むも、多少めまぐるしさも。極限状態の追い込みのシーンが多すぎたのかもしれない。社会的な問題も絡んでいるが、実際どうなのだろう。それにしても喉が渇く作品。

  • さくさく進むエンターテインメント。
    エピローグの行動が現実的かどうかは別にして、正しい行動をとりたいと思いながらも言い訳や逃げ道を用意する当然のズルさが感じられて、決意の具合がその人らしいと思った。

  • 読み応えがあった。
    考古学者の峰が乗った飛行機が砂漠のど真ん中に墜落する。
    そこからの脱出行は手に汗を握る。
    そして最後に待ち受けているのは、放射性廃棄物の最終処分という途轍もないお話。

  • 遺跡発掘から飛行機墜落、砂漠での遭難、ゲリラからの追跡、真相とハラハラしながらの一気読み

  • エジプトで発掘された謎のミイラの秘密を巡るミステリ。の部分があるにはあるけれど。大半はサバイバルサスペンスかなあ。手に汗を握る展開の連続で、はらはらどきどきしっぱなしでした。たまらず一気読み。でもこれ、冬に読んでもすごくしんどそうだったので……真夏に読むのは、お勧めしないかも(苦笑)。
    飛行機が墜落してなんとか命は助かったと思いきや、そこはサハラのど真ん中。照りつける太陽、果てのない砂漠、わずかな水と食料。留まるも地獄、進むも地獄。でもわずかな望みをかけて砂漠を突破しようとする一行に襲い掛かるさまざまな苦難と、そして裏切り。ああ、こんな極限状況嫌だ。嫌すぎる。
    そんな中で徐々に明らかになる謎の人物の素性と、裏で巡らされた陰謀。これもまた怖い話なんだよなあ。読後感は決して悪いわけではないのだけれど。ちょっと嫌なものが残ります。

  • エジプトで発掘調査を行う考古学者の峰。ミイラの石棺の蓋をあけてからホテルで襲撃、乗った飛行機は墜落。助けの来ない広い砂漠で生き残った人は怪しいメンバー。命のやり取り! 話がいつしか壮大に・・。ドキドキハラハラのサバイバル冒険ストーリー。ノンストップで読んでしまった!!

  • エジプトを飛び立った飛行機が墜落し、そこからオアシスを目指す日本人を含めた一行の冒険譚。主人公は全くヒーローではなく、等身大の1人の男。ハラハラさせる展開で、その先には陰謀が待ち構える。一気読み。

  • 壮大なのか、せこいのかよくわからなかった。

  • 砂漠での攻防にハラハラした。

  • このような作風もいけるんですね。面白かったです。一気読みしました。ただ、エピローグが弱くて最後が希薄になった印象で残念。

全12件中 1 - 10件を表示

サハラの薔薇のその他の作品

下村敦史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

サハラの薔薇はこんな本です

サハラの薔薇を本棚に登録しているひと

ツイートする