血とバラ 懐しの名画ミステリー(1) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041057544

作品紹介・あらすじ

ヨーロッパから帰国した婚約者の様子がおかしいことに気がついた中神は、何があったのか調べてみると……(「血とバラ」)。「忘れじの面影」「自由を我等に」「花嫁の父」「冬のライオン」の全5編収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっと怖めのミステリー。赤川作品は安定して面白いなぁ(*^^*)最後の冬のライオンのドロドロさがすごい❗️

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

血とバラ 懐しの名画ミステリー(1) (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

血とバラ 懐しの名画ミステリー(1) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする