Fate/Zero (14) (角川コミックス・エース)

著者 :
制作 : 虚淵玄(ニトロプラス)/TYPE‐MOON 
  • KADOKAWA
3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041057964

作品紹介・あらすじ

聖杯から溢れ出した“泥”が街を焼き尽くした。すべてを失い、絶望の中を彷徨い続けた末に、衛宮切嗣は小さな希望を見つけるのだった。第四次戦争終結の3年後を描いた後日譚も収録した、大ヒットコミック最終巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み返し。桜ちゃんの「ワケが分からない」って顔が好き。慈悲などない。
    最後のSNへの繋ぎが熱い。やっぱりいつ読んでも面白いですね。

  • あとがきでエルドラドのバーサーカーの話が出たから最近?って思ったら数ヶ月前に出ていたものだった

    自分の正義を貫こうとしたけれど貫くことができず
    士郎、イリヤを少しずつ歪めていくことになってしまった

    切嗣は本当に何のために生きていたのかちょっと分からない・・

  • 微笑みながら逝けたのなら…幸せだったのだろうか。
    客観的に見れば、彼の人生は無価値で無意味(どころか大迷惑)だったのだろうけれど。一人の人の生き方としては…。

    恐ろしく無意味な争いだった聖杯戦争。
    確かに意味を見出していたのは言峰綺礼とウェイバーだけだった、と。


    …そのウェイバーがホンットひっどい目に遭う描き下ろし、やっぱりいいねぇw

全3件中 1 - 3件を表示

Fate/Zero (14) (角川コミックス・エース)のその他の作品

真じろうの作品

ツイートする