子どもの語彙力を伸ばすのは、親の務めです。

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041058060

作品紹介・あらすじ

語彙力は国語力や思考力といった学力だけでなく、生きる力にも直結する。「まじ」「やばい」が口癖の大人にさせないために、親ができる様々なこと。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもはいませんが、姪っ子たちの夏休み課題を見ている時に、本当に語彙力って大切だなぁ~と感じました!算数・理科・社会・英語など一見語彙力は関係ないような教科でも、よく内容を理解できなければ問題を解くことができない…。少し遅いかもだけど、姪っ子たちの語彙力UPの為に、書かれていた内容を伝えていきたいものです。

  • C0037

  • 漫画でも勉強になるんですね。年収との関係も面白いです。
    語彙力も大事ですし、それを使っての表現力、伝える力が大事と思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

子どもの語彙力を伸ばすのは、親の務めです。のその他の作品

齋藤孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
瀧本 哲史
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする