ブラタモリ 9 平泉 新潟 佐渡 広島 宮島

制作 : NHK「ブラタモリ」制作班 
  • KADOKAWA
3.78
  • (6)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041058091

作品紹介・あらすじ

街の成り立ちを、土地や建物に残された痕跡から、歴史・文化・地質学などさまざまなアプローチで掘り下げ、これまでとは一味もふた味も違うディープな街歩きを楽しめます。

収録される放送回
#45 新潟 ~新潟は“砂”の町!?~
#46 佐渡 ~“黄金の島”佐渡は“キセキの島”!?~
#48 広島 ~広島はステキなシティ!?~
#49 宮島 ~宮島は“神の島”!?~
#56 平泉 ~黄金の都・平泉はなぜ栄えた?~

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 広島は身近なところで楽しかった。行ってみたいな平泉、佐渡。両方行ったことないなぁぁ。

  • 新潟市内が取り上げられることは少ないので、貴重な内容。故郷でも随分知らないことがあると思い知らされた(特に湊町のくだり)。

  • 教養があれば、この番組はより深く楽しめる

  • シリーズ第9弾
    平泉、佐渡、宮島。みんな行きたくなってしまった!
    平泉は以前から行きたかったのだが、ますます行きたくなった!
    宮島は干潮時にも行ってみたいし、弥山にも登ってみたい。

  • ブラタモリ第9弾は平泉・新潟・佐渡・広島・宮島編。観光地として名高いところが目立つが、タモリ氏独特の地理的・地質的・地形的視点が入り、この時のアシスタントアナウンサーも理系女子でうまく盛り上げている。

  • 学生時代、広島の図にある堤の本当すぐそこにあったアパートに住んでたことがありまして――台風の日にさすがにひとり暮らしで不安になってたら、隣に住んでたお婆ちゃんが、「そこの道は昔、堤防だったところだから、ここは大丈夫よ」って教えてくれたなぁ…と思い出しました。

  • 平泉:近江アナウンサーが顔にケガ。たぶん気づいていませんでした。
    新潟:砂丘といえば、鳥取の一択でしたよ
    佐渡:北沢浮遊選鉱場跡は公害問題は大丈夫だったのでしょうかね
    広島:平和記念公園をして、投下地点が公演でよかったの話。広報の問題かと。遺骨込みで当時の町並みが埋まっているのを知ったのは、私も後の話なのでした
    宮島:修学旅行で行ったのか、行かなかったのかの記憶すら……

  • テレビでは覚えていない内容を確認するには良い。

  • 第9巻は平泉・新潟・広島。
    実は広島や厳島神社が一番読みたかった!でも、せっかくなので、じっと我慢して、1巻から順に読んで、ついに9巻!
    待ちに待ったのだが、広島の前には平泉・新潟が…
    新潟はそれほど興味がなく、軽く読み流すけど、平泉では「毛越寺の庭園が一番好き」と言うタモリの言葉に感動!私も毛越寺の庭園が大好き!日本各地にいい庭園があるお寺は数あれど、やはり毛越寺の庭園はとても優雅でいい!平泉と言えば中尊寺だけど、私は今後も毛越寺押しで行こうと決めたぐらい、嬉しい一言。
    今回は平泉や原爆ドーム、厳島神社と他の巻に比べて、世界遺産が多かった。本当は広島を期待していたけど、あまり新しい発見はなかった。ただ弥山には登りたくなった。それと「神の時空」の厳島神社の回の前にやはりこれを読んでおきたかった…「神の時空」を読み直せばいいのか…

  • <目次>
    第1章  平泉
    第2章  新潟
    第3章  佐渡
    第4章  広島
    第5章  宮島

    <内容>
    お馴染み「ブラタモリ」。今回は坂道も地層もやや浅い。歴史的な要素や食の愉しみなどが載る。「いいとも」が終わったのでタモリは全国を歩いているが、前作の方が狭い範囲を掘り下げた分、面白かった。  

全12件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
恩田 陸
又吉 直樹
佐々木 圭一
辻村 深月
宮下 奈都
三浦 しをん
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラタモリ 9 平泉 新潟 佐渡 広島 宮島を本棚に登録しているひと

ツイートする