ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美

制作 : NHK「ブラタモリ」制作班 
  • KADOKAWA (2017年12月15日発売)
3.77
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041058121

作品紹介・あらすじ

街の成り立ちを、土地や建物に残された痕跡から、歴史・文化・地質学などさまざまなアプローチで掘り下げ、これまでとは一味もふた味も違うディープな街歩きを楽しめます。

収録される放送回
#62 別府温泉 ~別府はなぜ 日本一の温泉に?~
#63 別府 ~巨大温泉都市・別府はどうできた?~
#64 神戸の港 ~神戸はなぜ1300年も良港なのか?~
#65 神戸の街 ~神戸はなぜ“ハイカラ”なのか?~
#66 奄美大島 ~自然をいかした 奄美の“宝”とは!?~
#67 奄美の森 ~なぜ奄美は 生き物の楽園!?~
#68 奄美の海 ~なぜ奄美は 生き物の楽園!?~

ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この巻に収録されている場所は3箇所と少なめ。その代わりそれぞの場所が濃い。いずれも自分で行って見たいなと思っています。

  • 既刊分すべて通読。地質学、歴史学、地理学、観光学の要素が堅苦しくなく詰まっていて、読めばその土地に行きたくなるような旅行ガイドでもある(名所情報もちゃんと付記されている)。解説文のわかりやすさに、絵図や地図、(資料)写真も適切に配され、コラムも充実。名番組に相応する完成度の高い編集で、逆にこの本から番組に興味を持つ人もいるかもしれない。目を引く表紙も良く、一冊気に入れば全部揃えたくなるかも。

  • <目次>
    第1章  別府温泉
    第2章  別府
    第3章  神戸の港
    第4章  神戸の街
    第5章  奄美大島
    第6章  奄美の森と海

    <内容>
    ブラタモリ12弾。神戸の港の素晴らしさは面白かったし、湊川が天井川だった話は、実際街を歩いていて、「何で高いんだ?」と思っていたので、解決!

  • 地学の入門書でも読みたくなりました。いや、勉強しておけば良かったとも思うのですけど。
    地域で考えないで、中央へ予算の陳情しか能がない現在。進んだのか、退化か。

  • 12巻目は別府・神戸・奄美大島。
    神戸しか行ったことがないが、神戸も三宮と異人館ぐらいしか行ったことがないので、今回は全部が新鮮な感じ。
    別府は名前だけを知っていたが、実際には別府温泉と言っても8ヶ所を示すことや、奄美大島の自然には目を見張るものがあった。
    地形の出来方もこれまでとは違う九州独特の地形など、今回もとても勉強になった。

全5件中 1 - 5件を表示

ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美はこんな本です

ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美を本棚に登録しているひと

ツイートする