季節はうつる、メリーゴーランドのように (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.38
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041058367

作品紹介・あらすじ

夏樹と冬子は、高校時代、男女だけれど「親友」だった。
お互い、日常の謎を解くことを趣味として、一緒に居て誰よりも心地良い存在だったあの頃。

やがて社会人となった夏樹は、冬子に会いに神戸を訪れる。
町を散策しながら、昔と同じく、冬子と日常の謎ときを楽しむ夏樹だが、
夏樹には心に秘めた想いがあった。
冬子への恋心。もう、ごまかせない。
けれど冬子はなかなか、夏樹の想いを伝えるチャンスをくれなくて……。
もどかしくも、季節はうつる。夏樹の焦り、冬子の戸惑いをのせて。
そして……。

それは、最高で最低の片想い……。
優しく穏やかなな日常の謎ときから一転、驚愕のエンディングに、誰もがきっと目を瞠る。
青春ミステリの名手、岡崎琢磨が送る、究極の青春恋愛ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらすじに書かれてる「切なさ最大級の青春片恋ミステリ」というがまさに的を得てる。物語はどちらかというとミステリ要素が強い。各章,思わせぶりな主人公の呟きに最後まで一気読み必至。そしてラストは誰しも経験するあの不条理な想いを思い出すだろう。そしてそれこそが恋愛なのだと古傷が痛むかもしれない。
    あらすじ(背表紙より)
    男女だけど「親友」の夏樹と冬子。高校時代、日常の謎解きという共通の趣味で、2人は誰よりもわかり合えていた。ただ、夏樹が密かに、冬子に片想いしていたことを除いて…。そして今、社会人になった夏樹は、冬子に会いに神戸を訪れる。今度こそ、想いを伝えると決めて。けれど冬子は、なぜかかたくなにチャンスをくれなくて…。ウィットに富んだ日常の謎から、誰もが目を瞠る驚きのラストへ。切なさ最大級の青春片恋ミステリ。

  • 超特急のユースケくんがカバーのものを購入。
    読了。

  • いまいち面白みがない上に後味が良くない。提示される謎もさほど魅力的ではないし、あれだけじれったい話につきあわせておいてこのオチかって感じだし。正直残念な作品だなぁ。

  • 表紙とタイトルの綺麗さには惹かれるけど、胸糞悪い話。冬子も夏樹も嫌いなタイプ。
    「キセツしなきゃね」とかいう高校生好かん。
    膝が隠れるほどのスカート丈はダサいとか、
    いい年してアイドルにはまる女性をディスってたりとか
    性格悪い文章が引っ掛かった。
    まどろっこしい表現もあまり好きじゃない

  • 昔好きだった彼女に想いを伝えようとするのだけど、なかなか伝えられない主人公…。恋愛ものかな~と思いつつ、いやでも…と思いながら読んでいたら、まさかの最後数ページで予想していた以上に物語がひっくりかえってビックリ!
    いや、え!?え!?

  • 日常の謎を道具に,高校時代から続く男女二人の友達以上恋人未満の世界観を物語る.残念ながら,主人公達2人の人間的な魅力が描かれないので,惹かれて行動するという物語の根底を司る動機が理解できず,物語に入っていけない.初期作品だから力量が足りない,ということでもなく,本著者の著作に共通した不足点に感じる.

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

岡崎 琢磨(おかざき たくま)
1986年生まれ、福岡県出身。京都大学法学部卒業。元々ミュージシャン志望であったが作家を志すようになり、大学卒業後に福岡県に戻って執筆を続け、第10回『このミステリーがすごい!』大賞の最終選考に『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』が残った。手直しして刊行されたところ、大ベストセラーとなり第1回京都本大賞を受賞。のちに「珈琲店タレーランの事件簿」シリーズ化された。

季節はうつる、メリーゴーランドのように (角川文庫)のその他の作品

岡崎琢磨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする