ぷかぷか浮かびとこれから つれづれノート32 (角川文庫)

著者 : 銀色夏生
  • KADOKAWA (2017年9月23日発売)
3.67
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041058473

作品紹介

この半年間の前半は、昨年同様毎日のようにマイペースに運動を続けた。興味はスタジオからプールへ移り、水の上にぷかぷか浮かぶ究極のリラックス方を編み出した。それと水中ストレッチを組み合わせ心と体のつながりを強く意識する。後半はサコの大学進学に伴い人生の流れも自然と変化した。これからはより個性的に、我が道を進もうと決意する。隠者のようにひっそりと力強く、働き、動きたい。つれづれノート32冊目。

ぷかぷか浮かびとこれから つれづれノート32 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 親の責任は子どもが大学に入るまでと決めていた銀色さん。
    やっと子育てが一段落だね。なんか”つれづれ”形態も変わるようなこと言ってた。
    恋人も旅仲間も飲み仲間もいないのは、自分が選択してきた結果と納得しつつもやっぱりときどきは欲しくなるとか…。
    私からみれば、キューピーさん、ガンジーさん、くるみちゃん、なごさん、ランチにいく先輩、ヨガのたこ先生(は友だちじゃないか)といろいろ楽しく精力的に習い事もしてめっちゃうらやましい生活なんだけど…。
    それといつも感心するのは料理上手、いろんな食材でいろんなおいしそうなのをぱぱっと作って全部それがおいしそう。
    しげちゃんも元気そうで良かった。あの年で本好きってのもいい。
    (銀色さんがはまったという)アマゾンプライムで”メンタリスト”観てもようかな。

  • 小さなさくぼうも、とうとう大学入学。
    自分自身も、息子が大学に入ったら子育てもひと段落!という気持ちがあるので、ぷかぷかと水に浮かぶようにリラックスする気持ちが想像できる。
    孤独を受け入れ、どこに流れる必要もなく、ゆったりと穏やかな日々。

  • 銀色さんはあいかわらずスポーツクラブに通う毎日だけど、運動するというより、プールで浮かんだりリラックス志向のようで。
    前みたいに、なにかやりたいとかいう焦りがなくなったみたいで、気持ちが沈むことも少なくなったみたいで、確かにリラックスしているのかも。穏やかそう。
    ああ、でもやっぱりすぐになにかの習いごとをはじめたり、ヨガでインドツアーに行くとか言ってるし、次作でどうなってるか楽しみだ。。。

    お子さんたちが生まれたときから読んでいるけど、結局、息子さんも大学進学したし、なんだかんだいってうまくいくものなんだなあとか思った。

全3件中 1 - 3件を表示

ぷかぷか浮かびとこれから つれづれノート32 (角川文庫)のその他の作品

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
村田 沙耶香
三浦 しをん
西 加奈子
角田光代
西 加奈子
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

ぷかぷか浮かびとこれから つれづれノート32 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする