冤罪犯

著者 : 翔田寛
  • KADOKAWA (2017年8月31日発売)
3.68
  • (2)
  • (13)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041058671

作品紹介・あらすじ

平成29年7月、千葉県船橋市の休耕地で、ブルーシートが掛けられた幼女の遺体が発見された。捜査に乗り出した船橋署の香山は、7年前に起きた<田宮事件>と遺体の状況が酷似していることに気づく。<田宮事件>では不可解な経緯から証拠が見つかり、犯人とされた男は冤罪を主張したまま刑務所内で自殺していた。やがて、捜査を進める香山の前で、ふたつの事件をつなぐ新たな証拠が見つかって――。

冤罪犯の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めての翔田さんの小説。
    はじめ取っ掛かりですんなりいけず。
    自分との相性がわるいかもと思いながらも我慢しながら読み進めた。
    下品な記述に何点か引っかかったが、中盤から意外な展開が面白く一気に読んだ。

  • 面白かったです。

    最後、もっとゆっくりじっくり
    進めてほしかったです。

  • 長文の感想書いたのに、投稿押した後に消えていた…

    その後にまた感想書いたのに消えたのはなぜ?
    今度こそ消えないよう祈りながら再チャレンジ。
    連続幼女連れ去り乱暴・殺害事件が起き犯人検挙。裁判で死刑判決。判決後、犯人は無罪を訴え続けてたが獄中で自殺。
    それから数年後、また幼女連れ去り乱暴殺害事件が起きる。だが数年前の事件と同じぬいぐるみの毛が付着していた死体。もしかしたら自殺した犯人は冤罪だったのか?という話で、警察内部の焦り、被害者・加害者家族などの葛藤が交わりながら真実を追求する現場の刑事たち。良質なミステリーだと思った本。

  • 現在起こった幼女誘拐殺害事件と、七年前に解決したはずの連続幼女誘拐殺害事件。まったく別のものだと思われていた事件に繋がりが見え、それの表すことはただの模倣犯なのか、それとも過去の事件が冤罪だったのか。緊迫感漂う警察ミステリ。
    うわー、こういうのってありがちだー、と思えてしまうネタなのですが。本当にこんなことやってないよね警察、と不安になってしまいます。もちろん犯人を捕まえなければ、という気負いもわかるのだけれど。冤罪は怖いよねえ……。
    ありがちなネタだとは思ったけれど。なぜ時代をまたいだこの二つの事件がこんな繋がりを見せてしまったのか、という部分は予想外でした。なるほど、そちらサイドでも考えれば苦しむ人がいることは当然ですよね。

  • 田舎道でジョギングしていた大学生が幼女の死体を発見した。事件の状況から、かつて起きた幼女二人を誘拐殺人、遺棄した凶悪事件に似通う点が多く、香山は部下の三宅や増岡とともに模倣犯の線で捜査を進めていく。しかし状況が明らかになるにつれ、そもそもかつての凶悪事件が冤罪だったのではないかという疑問が浮かび上がる。果たして、事件の真相は、そしてかつての事件の真犯人は……?

    警察小説。すっきりしたような、しないような。でも過去の事件との繋がりがわかってくるのはわくわくした。香山班のキャラクターも良かったし、またこのメンバーで捜査に当たってるのを見たい。ただ真犯人のしたこととか怪しまれるべきこととかが(内容上仕方ないとはいえ)最後の最後の尋問までほとんど開示されないのでこっちも冤罪なのか!?とハラハラした。

  • 11月-6。3.0点。
    幼女暴行殺人が発生。手口が以前2人を殺害した、死刑囚の手口に酷似。死刑囚は、判決の後に自殺していた。
    冤罪の可能性が。

    けっこうある題材。サラッと読める。
    キャラクター描写が上手い作家のため、そこそこ面白い。
    次作も期待。

  • 幼児誘拐、冤罪、重いテーマだけど、一気に夢中で読んだ。

  • 執念で問題解決に当たった香山刑事の最後の一言がいい。
    犯罪捜査に携わる刑事は、場合によっては他人を無実の罪に陥れかねない。日頃意識することはないだろうが、自らの死を目前にしたとき、安川さんは痛恨の思いで、そのことを自覚されたのだと思う。
    彼のような刑事がいる限り、私たちの生活の安全は脅かされないだろう。

  •  贅沢な小説。読みどころ、ネタ満載の内容で大満足でした。

     幼女誘拐殺人事件が発生。それは、7年前に起きた世間を震撼させた連続幼女誘拐殺人事件に酷似していた。その当時の容疑者は冤罪を訴えながらも死刑の判決を下され、刑務所内で自殺。
     今回起こった事件は、模倣犯なのか、それとも過去の事件は冤罪で他に真犯人がいるのか・・・。

     当たり前のことだが、その事実を時系列で読んでいくと何ら疑問にも感じないことだが、重要な部分を目隠しされると、とびきりのミステリに早変わりする。それを作者と犯人、刑事が行うものだから読者は大変だ。

     冤罪には絶対したくない刑事と、弟の冤罪を信じる姉。そして真実を探ろうとする刑事たち。様々な想いが錯綜して事件は思いもよらぬ結末を迎える。

     モヤモヤ感が残ったまま終盤に差し掛かったが、エピローグで全てがクリアになる。いやあ、文句なしに面白かった。

  • 面白かった。

全15件中 1 - 10件を表示

冤罪犯のその他の作品

翔田寛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
雫井 脩介
宮下 奈都
宮部 みゆき
横山 秀夫
吉田 修一
相場 英雄
今村 昌弘
佐々木 譲
村田 沙耶香
湊 かなえ
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
柚月 裕子
伊坂 幸太郎
長岡 弘樹
角田光代
伊岡 瞬
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする