夜見師2 (角川ホラー文庫)

著者 : 中村ふみ
  • KADOKAWA (2017年7月25日発売)
3.60
  • (3)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :59
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041059340

作品紹介・あらすじ

夜見師・多々良によって自身の呪いが解けた輝。屋敷に祀られている祟り神が封じられた箱の片付けを手伝っていたが、ある日、新しい箱が持ち込まれる。多々良の過去も垣間見える、感動の第2弾!

夜見師2 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙の輝くん、箱の扱いちょっと雑では笑
    このイケメンが怨霊の記憶の中で泣いたり笑ったり、悔しがったりしているのか・・

    呪いのせいで友人や夢がなく更に妹も結婚して益々心身共に居場所が多々良家にしか無くなってしまった輝にとって、京也は居場所を奪いにきた脅威そのもの。
    バディ解消かと思った・・

    輝を危険な目に遭わせたくない多々良さんとそれでも一緒にいたい輝くんのすれ違いにハラハラ
    次巻あたりで多々良さんを刺した相手が分かるのかな?
    気になる

  • 夜見師シリーズ、2作目。

    前作で無事呪いが解けた輝であるが、多々良の家政夫としてだけでなく、夜見師の助手としての立ち位置も築き上げていく。途中、強力なライバルが現れたり、お人好しな性格が災いして多々良に助手失格を言い渡されたり、なかなか一筋縄ではいかぬ夜見師の助手としての道だが、最後は多々良の助手にはやっぱり輝じゃなきゃ、と思わせられるような場面もあってほっこり。次作も続くことを期待。

  • 今回も色々あったけど、まずはホノ。
    まさか2巻目にしてホノが怨霊になるなんて。
    前回も微妙に伏線あったけどさ。
    ホノ、双子だったんだな。本名はソラか。
    双子の片割れ、レミのことを探してたんだな。
    レミもホノのことずっと探してた。
    ピアノに取り憑いて?怨霊になるくらいに。
    王様がホノのこと斬ってしまうかと不安になったけど、輝の性格に救われたな。
    ホノとレミは再び箱の中へ。
    今に至るまで長い間ずっと会えなかった時間を取り戻すために、箱に二人で入るっていう選択に涙腺崩壊したよね。
    箱に自分からというか怨霊自ら入っていけるもんなんだな。
    なんの因果か、あのピアノの孫を持つおじいちゃんの箱。
    そこで、あのおじいちゃんも救われた気がした。
    あのおじいちゃんの話は救いが無かったからな…。
    王様もあのとき、輝の必要性を悟ったよな。
    ああいう救いの無さそうな怨霊には、輝の人に寄り添うあの性格が必要。
    おじいちゃん、孫のために凄く頑張って働いたのに孫はそれを無下にして…。
    王様も斬った後は、後味悪かったよな。

    雪乃さんの甥っ子、京也登場。
    輝のライバル的ポジションかな?
    でも、体質的な面では京也は輝に及ばなかったな。
    裏庭に行っただけで気持ち悪いんじゃ、あの作業は無理だな。
    本殿の前で待機してただけでぶっ倒れるし。
    そう思うと輝の耐性凄いよな。
    京也が来て王様とも拗れてしまってどうなることかとハラハラしたけど、元鞘に収まって良かった!雪乃さんナイス!

    今回の件で、王様は輝の必要性を分かったよな。
    始めはまだ疑ってたみたいだけど、終わり頃にはもう必要なことが分かったよね。
    輝じゃないと救いが与えられない。
    王様にないものを輝は持ってる。
    お互いが持っていないものを補え合えばいい。
    王様といえば、回想のところで他殺されたシーン出たけど一体誰に殺されたの?
    叔父さんは既に死んでたよなあの時。
    一体誰が王様を殺したのかっていう謎が今回生まれたな。
    王様はあれだけ夜見師になりなくなかったのに不憫過ぎる。

    早く続き読みたいな。

  • 作者も後書きで書いている様に。まさか続けられるとは思ってなかったんだろうな?って出だしで何となくわかった

  • 2巻目。ちょっとだけ王様の過去が書かれていて切ない。

  • 前巻でははっきりと書かれていなかった夜見師になる条件やホノの過去、輝の前任者の野際さん等、大分深く掘り下げられていました。
    捌拾漆番の箱の中の老人とホノたちの繋がりは多々良の胸の内だけにしまわれたままなのでしょうね。
    今回は京也と言うライバル?的存在が新たに加わり多々良の『金髪彼氏』と雪乃に言われる輝の存在意義が揺らぎだしたりとやや何かが「ホラー」とは違う方面に向かっている気もしますが…これもこれで本筋以外の面白さかも。

    いっそのこと多々良は自分の二度目の死後の後始末を託すために輝を養子にしてしまえばいいのではないかと思う。

  • 前作では呪いがかけられた五明輝と夜見師・多々良の出逢い。
    第2弾では多々良の過去が語られ。
    そこに新たに雪乃の甥・京也が登場し、やっと見つけた居場所が奪われるかもとヤキモキする輝。
    次もぜひ続けて欲しい。

    今回の祟り神も悲しい。

  • きゃっほ~!待ってました!!w
    多々良の過去も垣間見える、感動の第2弾♪

    夜見師・多々良によって自身の呪いが解けた五明輝。
    そして、祟り神を始末する「夜見師」の手伝いとして居場所を見つけた輝だったが、そこに雪乃の甥・京也が入り込んできた!?

    やっと見つけた自分の居場所が奪われそうな輝の試練?
    大好きな王様・多々良に急接近する京也に嫉妬の嵐!w

    そんなとき、雪乃によって持ち込まれた箱は、並大抵の力でなく、屋敷に居着く少女の霊・ほのが不安定に?

    多々良の過去、叔父との関係、ほのの過去、謎に包まれていた哀しく辛いことが明らかにされてゆく。

    それにつけても、輝の馬鹿みたいな人の好さに若干イラッとする。お前は王様を殺す気か!(いや、死んでるんだけどねw)
    その自身の命取りにもなりかねない優しさが多々良を追い込む。
    王様だって、優しいのだ。ちぇっ、相思相愛かよー!w

    雪乃のゴッキーなみの生命力と外道っぷりには苦笑w
    プロポーズは撤回すべきかと思案する王様におもわず笑った。

    ま、そんなこんなで内容はなかなか深刻だけど、このへんのプッと吹き出しちゃうような笑いを息抜きのようにいれるのが上手な作家さんなので、重い内容でも暗くならずに読める。

    終わりよければすべてよし!あー、おもしろかった!
    続きが早く読みたいよー!!w

  • 2巻になって輝の性格がはっきり分かってくると、その名前の意味が重要の思えてくる。『夜を照らす〝輝き”』みたいな?しかしな、辛い話ばかりだ。悲しい、悲しすぎるぞ( ノД`)そんな中、雪乃センセがたくまし過ぎる…。

全9件中 1 - 9件を表示

夜見師2 (角川ホラー文庫)のその他の作品

中村ふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
今村 昌弘
辻村 深月
恩田 陸
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

夜見師2 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする