スーパーカブ2 (角川スニーカー文庫)

制作 : 博 
  • KADOKAWA
3.67
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041059609

作品紹介・あらすじ

両親も友達も趣味もない、何もない日々を過ごしていた小熊が、スーパーカブを買って数ヶ月。日ごと冷たくなる風を感じ、バイク乗りにとって試練の季節・冬に備えていた小熊だが、その寒さは想像以上に厳しくて……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山梨で暮らす女子高生とスーパーカブの物語。第1作から変わらず、ディティールを律儀に記述する文体に味がある。軽快さに流れない黒パンのような噛みにくさがこの作品美点だと思うので、このままいって欲しい。
    主人公の性格が女子高生らしからぬバイク求道おじさんめいている問題は、ほとんど一人語りだった第1作より同じ女子高生の新キャラが出た今作の方がより悪目立ちしている。とは言え、その書き方が熟成すれば、いわゆるフィクション的な女子高生キャラではなく、地に足のついたハードボイルドな女性像に今後たどり着ける可能性はあると思う。

  • カブを手に入れ自分に合ったカブにカスタマイズ。
    そして、遠からず近からずという絶妙な距離感を持つカブ仲間。
    まさに僕が求める感じですね!!
    新しい仲間「椎」ちゃんも登場。
    3巻も楽しみです!!!!

  • うむむやはり面白かった。
    「スーパーカブが必ず助けに行く」
    ぐわーかっこいい……!
    椎ちゃんとかいう萌えキャラも増えたことだし、もうこれはアニメ化待ったなしですな。

  • カクヨムで公開後、2017年10月角川スニーカー文庫刊。シリーズ2作目。さすがに、1作目ほどの目新しさはないものの、防寒具や、チェーンの話は、懐かしく、楽しいです。カクヨムには、次のお話もあるようで、楽しみなことです。

  • 読みやすい文章ですいすいと読めました。スーパーカブに乗りたくなります(二輪はそもそも乗ったことがない)。冬と共に生き、時に抗うカブ乗りの女子高生は読んでいて瑞々しくてさわやかな気持ちになりました。新キャラの椎ちゃんがかわいかったです。2人のカブ乗りに触発され世界が広がるのはすてきだと思いました。ツーリングがほんとうに楽しそうで羨ましかった。次回作もあれば期待したいです。

  • 今回も淡々とした文体が独特で面白かった。
    その文体のせいもあるだろうけど、登場人物は女子高生のはずなのに、やけに落ち着いていたり、知識があったり、老成したおっさんにしか思えない(笑)
    なんにしても読み終わるとカブに乗りたくなる。

    コミック化が決まったらしいのでそれも楽しみ。

全7件中 1 - 7件を表示

スーパーカブ2 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

トネ・コーケンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする