ミリオン・クラウン1 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.75
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041059623

作品紹介・あらすじ

新暦307年、世は人類退廃の時代。
東京開拓部隊の茅原那姫(かやはら・なつき)は、この星を支配する環境制御塔で発見された青年・東雲一真(しののめ・かずま)と出会う。
しかし――「この時代の常識が無いし、知識も無いし、国籍すら無いし! ちょっとカズ君、きみ今までどうやって生きて来たの!?」
正体不明の東雲一真に振り回されることに。

そんな中、極東の国に次々と現れる脅威。巨躯の怪物、天を貫く塔、十二の王冠種――
襲い来る脅威の前に“日出国の希望”が立ち上がる!

此れを見よ、彼を見よ、この人類退廃の世に咲く赤き徒花を。
人類再演の物語「ミリオン・クラウン」此処に開幕!

著者プロフィール

第14回スニーカー大賞にて「イグヴェイジョン」で《奨励賞》を受賞。「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」でデビュー。

「2019年 『ミリオン・クラウン5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竜ノ湖太郎の作品

ツイートする