RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴

著者 : 荻原規子
制作 : 酒井 駒子 
  • KADOKAWA (2017年12月21日発売)
3.94
  • (25)
  • (35)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :316
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041060704

作品紹介・あらすじ

冬休みが明けて寮に戻った宗田真響は、鈴原泉水子の変化に気がつく。彼女の告白を聞き相楽深行との仲が進んだことを知った真響は「チーム姫神」内のバランスを危惧する。真響はチーム内の下剋上で上位に着くことで宗田の一族から認められ発言権を得るつもりだった。それは三つ子の弟である真夏の将来を確保するためだった。タイミングを合わせたかのように、学園で初のスケート合宿が計画される。スポンサーは宗田家。一族の思惑がわからず戸惑う真響の前に現れたのは、アメリカに留学中の従兄弟の克巳だった。彼は自分こそ真響の望みを全て叶えられる結婚相手だと宣言し、自分を選ぶよう手を差し伸べるのだが……!? 他に「九月の転校生」「相楽君は忙しい」「影絵芝居」を収録したファン待望の新刊。

RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これの続きが読めるなんて思わなかったなあ。やっぱり面白い。そして何だか本編よりちょっと番外編的でちょっと気楽でとっても少女漫画的な楽しさの要素が強いのだ。

    続き読みたいな。

  • あ~おもしろかった。
    5年ぶりの新刊!待ちきれなくて試験前だけど、読んでしまった。

    今回は泉水子以外の視点でのおはなし。
    相楽は泉水子のこと、なんだかんだ言ってきになってたんだね~終始ニヤニヤが止まらなかった
    チーム姫神としての連携プレイはなかなか見もので、鳥肌が立つほどだった。高柳もウザイけどやっぱり有能なんだなぁと、感心した。
    そういう表現の仕方はやっぱり荻原さんらしく、素晴らしかった。何度も読み返したもの。

    なんせ5年ぶりなもので、ココアのくだりが分からなくて、後でも1回読まないとな…

    これ続編出てほしいなぁ
    エチュードよりこっち続けた方が絶対いい!

  • 続きが発行されたら、何か通知システムがあれば便利なのだが。。。

    (悲しい事に新刊がでて、前作読み返さないと思い出せない。。ココア、というキーワードすら。。。)

    主人公ではなく、周囲目線の外伝が4つ。
    人が世界遺産、とか時空をこえる、とか未だ全て理解しきれていないけれど
    割と読みやすい。

    ラスト、その感情はどうなるだろう、と気になったが
    作者もその事について触れていて
    本質的展開もだが、恋愛的要素もあったのだ、と
    改めて思い出した。
    少女漫画チックな作品なのだろうか。

    本質的展開に救いがあるか、続きが気になるが。

  • スピンオフ。深行が主人公の短編3編と、真響が主人公の中編1編。わくわくして読み始め、唖然とする。あれ、私、レッドデータガールの話をあまり覚えていない…。読んだよね。たしかに、読んだよね…。自分の記憶力のなさに愕然としてしまった。また一話目から読み返したい。

  • 大分前にシリーズを読んだので内容を思い出すのに苦労した。深行視点の方が私は読みやすい。多分、泉水子のウジウジっぷりが苦手だから。

  • 横浜スケートセンターが舞台では、まさか陰陽師を悪者にするわけにはいかなかったですね(笑)

    異能者の戦い、だんだんマーベルコミックみたいになってしまう。

    珍しくも新横浜がちょっぴり出てきて嬉しかったです。

  • 2013年1月に6巻で“完結”した超人気ファンタジー『RDG』
    5年ぶりの新作は短編3つと中編で構成されたぜいたくな1冊

    本書タイトルでもある中編「氷の靴 ガラスの靴」は、電子マガジン「小説屋Sari-sari」に連載された、「チーム姫神」結成後を描いたスピンオフ作品

    泉水子と深行の関係を不安に思った真響に、戸隠一族の思惑がからみ、不穏な空気がただようなか2泊3日のスケート教室が開催される

    ほかに深行の中学時代を描いた2編など

  • RDGシリーズ久々の新刊。短編のスピンオフ。読み始めておぼろげに話を思い出した。最終巻のその後だが、主役のウエイトは真響と深行が8:3ぐらい、泉水子や三つ子の残り二人や高柳も出てくるが添え物。でもやっぱりとても面白くてワクワクした、もっと長いのが読みたい。そして、この調子でさらにチーム姫神を引きつづき読ませていただきたい。あと、さらにスピンオフで他の国の絶滅危惧種や候補者なんかの話も読みたい。おもしろかろうと思う。

  • 短編。
    泉水子、深行、真響、真夏たちの日々。
    スケートしているところで飲み物を買った描写が気になった。ホットのミルクティ、缶じゃなくてペットボトルか~。でもそうだよなぁ。

  • 姫神憑きの少女、泉水子を主人公にしたファンタジー小説『RDG』のスピンオフ作品にあたる。

    最初に収められている短い3編はまさにスピンオフという感じで、本編がなければまったくわからないような「脇にあった物語」なんだけれど、あとがきを読んで、もともとブックレットなどに収録されたファンサービス的な作品だったと知り納得。

    逆に、表題作となっている中編は読みごたえもあり、本編の『RDG』シリーズの続きになる内容で、『RDG』シリーズの終結が個人的にはまだまだ先があるのに、と納得がいかない部分があったぶん、楽しめた。

    作者の荻原規子の中では結末を見た物語なのかもしれないけれど、スピンオフという形でなく、続編を書いてほしいなぁと思う。だってまだまだ未来は見通せず、物語はたくさん眠っていそうじゃないか。

全39件中 1 - 10件を表示

RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴のその他の作品

荻原規子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
米澤 穂信
有川 浩
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴を本棚に登録しているひと

ツイートする