東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery. (7) (角川コミックス)

著者 :
制作 : ZUN 
  • KADOKAWA
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041060964

作品紹介・あらすじ

“妖怪を恐れる人間が妖怪を存在させている”という両者の不可思議な関係について知り、幻想郷の“真実”を追い始めた小鈴を待っていたのは――!? 「東方Project」の大人気コミック、堂々完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017/11/11、メロンブックス秋葉原店で購入。
    特典はブックカバー。

    最終巻。
    急展開の感じのある巻。
    今までの集大成というか、終わらすために詰め込んだというか。
    わかるようなわからんような、最後はハッピーエンドなのか

  • 小鈴が妖魔本を秘匿していたり、妖怪との関わりが深くなる様子から闇落ちする展開は予想していたけど、こういう落とし所にするのかと驚かされた

    異変の黒幕といえば紫の印象が拭えない東方シリーズ。本作でもその黒幕っぷりを遺憾なく発揮していた。幻想郷を守るために行動しているのだろうけど、真相が明かされるまで目的が見えず敵か味方か全く判らない不敵な微笑みは妖しい魅力をたたえているね
    今にして思えば、百物語に参加していたのも予め小鈴と出会うためだったのでは?と勘ぐりたくなるほど

    大事件が起こりそうであまり起こらなかった東方鈴奈庵。ラストもその路線から外れることはなく、けれども東方鈴奈庵らしいクライマックスであり色々と楽しめた最終巻だった

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

「東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」にてデビュー。

「2017年 『東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery. (7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery. (7) (角川コミックス)のその他の作品

春河もえの作品

ツイートする