京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ (角川文庫)

著者 : 円居挽
  • KADOKAWA (2017年12月21日発売)
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :73
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041061367

作品紹介・あらすじ

京都の大学の散歩サークル「加茂川乱歩」の遠近倫人の周りには、つねに謎が寄ってくる。同じサークルの謎解きが大好きな理系女子・青河幸の気を惹くため、奮闘するも、目の前の謎は手強いものばかり。

京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 京都には謎が似合う。
    京大の「鴨川乱歩」サークルを舞台にしたオサレな日常ミステリ。

  • 京都を舞台としたはんなり感と、大学内で場所が移動するBar、この2つを一緒にしたのはちょっと詰め込み過ぎな感じ。Barの印象が強すぎて、京都の印象が薄くなってしまっているのがちょっと残念。

  • まさかの単行本を改題した文庫化だとは。
    多少、修正加筆してあるらしいけど、騙された感がすごい。
    予約サイトではそんなこと書いてなかったのになぁ。
    楽しみにしていたし、好きな作品だっただけにガッカリ。

全4件中 1 - 4件を表示

京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ (角川文庫)のその他の作品

円居挽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ (角川文庫)はこんな本です

京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする